「がん発症」そのときいくらまで払える? 「100万円以上は難しい」が6割

2012/05/19 07:00

お金と天秤東京海上日動あんしん生命保険は2012年5月14日、「がん」に関する意識調査の結果を発表した。それによると調査母体においては、自身ががんを発症した場合、全体では6割の人が「保険金なども含めて治療費としては100万円以上は使えない」と答えていることが分かった。全体では無く世代・性別の属性別で見ても、押し並べて大体6割の人が答えている。概算平均額で見ると平均額は130万円程度で、やや高齢層の方が出せる額が高いように見受けられる(【発表リリース、PDF】)。

スポンサードリンク


今調査は2012年1月21日から23日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1032人。男女比は1対1、年齢階層比は20代206人・30代412人・40代258人・50代156人。

【主要死因別に見た死亡率をグラフ化してみる(1899年以降版)】にもある通り他の病症の治療法が進んだこともあり、相対的に主要死因となりつつある「がん」。当然各人の周辺でも発症者の話を耳にする機会が増え、注目も集まるようになる。

「がん」の治療には保険適用外の先進医療なども合わせ、多種多様な、そして比較的長い(とはいえ最近では平均入院日数は30日を切っている)治療を要するようになる。ところが「がんの平均治療費は100万円である」という話には、多くの人が「高い」と考えている。

↑ 「がん」の平均治療費が100万円といわれたらどう思うか
↑ 「がん」の平均治療費が100万円といわれたらどう思うか(再録)

実際、仮に「がん」を発症した場合、保険金も合わせていくらまで使う事ができるか、資力として調達できるかについて聞いたところ、全体では6割の人が「50万円未満」「50-100万円未満」の領域に収まっている。言い換えれば「100万円以上は少々難しい」という次第。

↑ 「がん」になったら治療費としていくらまで使う事ができるか(保険金なども含めて)
↑ 「がん」になったら治療費としていくらまで使う事ができるか(保険金なども含めて)

「100万円は高い」と答えた人の割合と、「100万円以上は治療費として使うのが難しい」との回答率はほぼ同じ。手持ちのお財布事情を考慮し、「100万円という治療費は高いのではないか」と考えていたことが推測できる。また、「100万円以上は難しい」派は属性による差異はあまり無く、大体6割前後に留まっている。

一方、より高額を出せる層はどちらかといえば年上ほど多いように見える。各属性の中央値を元に試算した概算平均値でも、それが確認できる。

↑ 「がん」になったら治療費としていくらまで使う事ができるか(保険金なども含めて)(概算平均値)
↑ 「がん」になったら治療費としていくらまで使う事ができるか(保険金なども含めて)(概算平均値)

「100万円以上は難しい」派が6割居ても、残りの4割がそれ以上でも大丈夫と回答しているため、平均値としては100万円を超えてしまう。一方で女性の50代がやや突出しているように見えるが、大体120-130万円で横並び(壮齢層が10万円程度上乗せ、くらい)。保険の適用による保険金も合わせ「大体この位は平均で出せる」と世間一般には思われていることを知っておいても、損はないだろう。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー