そろばんやスポーツ、外国語会話など…高校生までの学校外活動費動向をグラフ化してみる(最新)

2020/01/21 05:21

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-0110中学校、高等学校になると子供の学校外学習は塾や家庭教師がほとんどになるが、小学校まではスイミングスクールやサッカー、習字やそろばんのような、勉強とは直接結びつきが無い「習い事」にいそしむ場合も多い。これらの費用は平均でどれほどのもの額なのだろうか。今回は文部科学省が2019年12月18日に公開した、最新版となる2018年度版「子供の学習費調査」の概要を基に、これら野外活動やスポーツ系・文化系の習い事がメインの「学校外活動費内・その他の学校外活動費」(要は「学校外活動費」のうち、「補助学習費」=「家庭教師や学習塾」以外)について学年別の詳細をまとめ、状況を確認していくことにする(【子供の学習費調査】)。

スポンサードリンク


私立学校通いは習い事への出費も多い


子供の学習にかかる費用は「学習費(総額)」と呼ばれている。これは「学校教育費(授業料やPTA会費、制服、遠足代など)」「学校給食費」「学校外活動費(家庭内学習費や各種塾月謝、図書費など)」から構成されるものである。今回は「学校外活動費」のうち、家庭内での自主勉強用費用、家庭教師費、学習塾費(これらを合算して「補助学習費」と呼ぶ)「以外」の費用、具体的にはボーイスカウト・ガールスカウトの経費、絵画教室やピアノ教室の月謝、そろばんや習字、各種スポーツ系の習い事の月謝などを対象とした「学校外活動費内その他の学校活動費」について確認をしていく。

まずは年齢・学年別の全体額だが、文化芸術系への習い事の参加は小学生の時期に多く、結果として活動費も小学生の期間で高い値を示している。

↑ 年齢・学年別その他の学校外活動費(公立・私立別、万円)(2018年度)
↑ 年齢・学年別その他の学校外活動費(公立・私立別、万円)(2018年度)

全般的には公立(学校在学者)よりも私立(学校在学者)の方が高め。しかも小学生の時期には差異がかなり大きなものとなる。公立よりも私立の方が高い理由としては多様なものが想定できるが、「私立に通わせるほど保護者が教育熱心」「私立に通わせるほど教育費に充てられる家計の余裕がある」などが主なものと考えられる。実際、公開されている詳細値を見る限り、公立・私立それぞれにおいて世帯年収が高い世帯ほど、さらに同一世帯年収層では公立よりも私立の方が「学校外活動費」は高めの値が出ている。

これらの額について、やや詳細区分化した上で積上げた形のグラフを、私立・公立別途に作ったのが次の図。比較がしやすいよう、額面を表す縦軸は同じ区分で作成してある。

↑ 年齢・学年別その他の学校外活動費(公立、円)(2018年度)
↑ 年齢・学年別その他の学校外活動費(公立、円)(2018年度)

↑ 年齢・学年別その他の学校外活動費(私立、円)(2018年度)
↑ 年齢・学年別その他の学校外活動費(私立、円)(2018年度)

公立より私立の方が、そして小学校の期間で特に額が積み増しされているのが改めて確認できる。私立でもっとも大きな額を示しているのは小学1年生。総額35.3万円のうち、「芸術文化活動」だけで10.6万円、「スポーツ・レクリエーション活動」で10万円近くを年ベースで出費している。それ以外の項目の費用もそれぞれ公立と比べて大きな額となり、私立の学校外活動費を大きなものにしているのがしっかりとつかみとれる。

一方で公立・私立ともに「その他の学校外活動費」は学校種類区分では小学校がピーク。中学校、高等学校と進学するにつれ、額は減少していく。先行記事にある通り、同時に塾や家庭教師費用などから成る「補助学習費」が上昇していくことと併せて考えれば、子供の学校以外での学習が、各種文化スポーツから勉学へとシフトしていく状況が理解できよう。

公立は私立の何倍にあたるか


次に示すグラフは、単純に各年・各属性別の公立・私立の額面を比較し、私立は公立の何倍に当たるかを計算したもの。あくまでも「同じ状況下で同じ対象に、公立・私立通いをさせている世帯の活動費の比率の上での違い」を表しているのみのものとなる。頻度や時間は一切考慮されていない。

↑ 年齢・学年別その他の学校外活動費・私立額面の公立額面に対する割合(何倍か)(2018年度)
↑ 年齢・学年別その他の学校外活動費・私立額面の公立額面に対する割合(何倍か)(2018年度)

中学校3年生の「体験・地域活動」の値が大きなものとなり、あまり体裁のよくないグラフが出来上がってしまった。昨今導入された「ダンス」によるものかとの判断もできそうだが、それならば他学年でも似たような動きがあるはず。それ以前に「体験活動・地域活動」は具体的定義として「ハイキングやキャンプなどの野外活動、ボランティア活動、ボーイスカウト・ガールスカウトなどの活動に要した経費」とあり、ダンスは含まれていそうにない。ダンスはむしろ「芸術文化活動」(ピアノ、舞踊、絵画などを習うために支出した経費、音楽鑑賞・映画鑑賞などの芸術鑑賞、楽器演奏、演劇活動などに要した経費)が該当しそうだ。

その「体験・地域活動費」を除けば、「芸術文化活動」「スポーツ・レクリエーション活動」「教養・その他」は大体2倍から3倍ぐらいまでに収まっている。



公立・私立ともに中学校、そして高等学校に進学すると、「その他の学校外活動費」の額は小さなものとなる。学校で本格的に部活動が始まり、勉学の面でも学校の授業そのものやそれに関連する学習塾・家庭教師との勉強に注力する必要があり、「その他の学校外活動」に充てる時間が無くなるのが実情。

見方を変えれば、時間にある程度余裕がとれる小学校のうちに、子供自身は(費用をかけるか否かは別として)「その他の学校外活動」にも勤しんで欲しいものである。保護者も配慮をしてほしいものだ。


■関連記事:
【小学生の習い事、今一番はスイミング・今後は塾に英会話教室】
【学校外での勉強にかける費用、年収区分で3倍の違いも】
【クラブ活動は中学7割・高校6割、では塾は?…小中高校生のクラブ活動・塾通い動向をグラフ化してみる】
【小学生の習い事、今一番はスイミング・今後は塾に英会話教室】
【小学生の習い事、一番人気は「スイミング」】

スポンサードリンク


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加
▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS