ツイッターを使う時に気をつけたい10の心構え

2012/03/26 12:00

ツイッターツイッターは個人ベースだけでなく、ビジネスベースとしても使われることが多くなった。企業の多くは直接、あるいはマスコットキャラクタをバーチャルキャラ化してアカウントを取得し、ツイッターを通じて愛嬌をふりまき、会社や新商品の情報を伝え、時に雑談を交わしていく。あるいはそこまで企業どっぷりでなくとも、特定の企業、あるいは業界に属していることを明らかにしたまま、ツイッターを利用している人も多い。しかし同時に企業そのもの、あるいは社名を背負ったままのアカウントであるにも関わらず、感情的になり過ぎたり、本人の「我」が出過ぎるなどで失態をしでかず事例も少なくない。【flowtown】では10個の要素を挙げ、まったくの私人では無く、少しでも公人的な状態でツイッターを使う場合、配慮した方が良いことを掲げている。

スポンサードリンク


1.感謝の気持ちを心に
誰かが自分のツイート(ツイッター上の書き込み。つぶやき)にメンション(返事、レスポンス、言及。半角の「@」マークの後に対象アカウント名を入れることで、その人向けのツイートになる。ただし原則的に内容は公開される)をしたり公式RT(リツィート。ReTweetの略。第三者の特定ツイートを自分がツイートしたように見せる。大本の人のツイートであることと、自分がRTしたと分かるような表記になる)をしてくれたら謝意を述べたり、リアクションをする。述べられた方も気分は良くなるし、お互いの関係強化にもつながる。

↑ 記事に感想を述べてくれた人に、素直な自分の意見を述べる形で同調
↑ 記事に感想を述べてくれた人に、素直な自分の意見を述べる形で同調

2.過度のツイートには注意
元々ツイートするしないは個人の自由。どれだけツイートするかは何物にも束縛されないが(もちろん法令上・倫理上などの問題はクリアする必要がある)、過度のツイートはフォロワー(自分のツイートを見てくれるよう、登録した人)を「過食症」にさせてしまいかねない。「自分がフォロワーなら、このツイートはどう思う?」と考えなおすことも大切。

3.ハッシュタグの利用は「適度に」
「ハッシュタグ」(半角空白の後に「#」、そして必要な文字列、そしてさらに半角空白。例「 #mokyumokyu 」)をツイート中に入れることで、後に同じテーマを語るツイートを検索しやすくなる。事前に「同じテーマでツイートする人は、このハッシュタグを含めるように」と決めておけば、そのテーマでの語りをまとめ上げられるからだ。

↑ キャンペーンでツイートさせる場合、ハッシュタグを自動的に埋め込ませることで、同じテーマの人のツイートをまとめて表示させることができる。
↑ キャンペーンでツイートさせる場合、ハッシュタグを自動的に埋め込ませることで、同じテーマの人のツイートをまとめて表示させることができる。

このようにハッシュタグは便利なもの。イベントの際には大いに使いこなしたいところ。だが、多用しすぎると「普通の」フォロワーにとってはうざったく見えてしまう。

4.自分のツイート内容を確認する
キャラクタになりきったアカウントや業務用アカウントで、あまりにも下品な、あるいは偏ったツイートをすると、色々と台無しになる・してしまう事例は数多く存在する。そのアカウントが持つ「ブランド」「様式」を壊さないように注意する。個人のアカウントを使い、素でツイートするのなら何の問題もないが、自分なりにブランディングしている場合もまた、その設定に合わない言動は慎むべき。

5.あまりプライベートに深入りしない
アカウント上の個人は、その人本人とまったく同じである必要は無い。ある程度身分を明かした方がやりやすい場合もあるが、全部を丸ごと不特定多数の第三者に公開する必要もない(Facebookではないのだから、実写の肖像画を出すことも求められていない)。例えば上司に子供が生まれたなどの話を公開して、それを元に色々とツイートを取り交わしたり、皆に祝ってもらうのはありだろう。しかし自分の不幸や個人を特定するような内容をツイートすることは求められていない(有名人なら話は別だが)。

6.自分の「得意な分野」を活かす
ソーシャルメディア上の対人関係は、ビジネス関係の延長線にあるともいえる。ビジネス面が多いのならなおさら。自分の持ち前、優れている部分をツイートに織り交ぜることは、その分野に長けている姿をフォロワーらに認識させる。もちろん逆説的なツイートは権威を失墜させてしまうことに注意。例えば税理士事務所の職員が脱税周りの話をしたり、間違った税務知識をさらけ出すようなことをしてはいけない。

対人関係7.フォロワーの属性に注意する
どのような人達が自分のフォロワーで、どの程度の(専用)知識水準を持っているかを認識する。出来ればそれをツイートに反映させる。例えば「6.」の税理士事務所の事例なら、確定申告に向けて準備すべき事柄や、事前にやっておくと処理が楽になるテクニックなどをツイートするのも一つの手。

8.タイムリーさが肝要
可能な限りではあるが、話をかけられたらタイムリーに返事をする。質問があれば、それに答える。ツイッターをはじめとするソーシャルメディアは、ダイレクトで短時間にコミュニケーションの場を設定しうる。

9.カスタマーズサービスのアドレスを別途提示しておく
フォロワーの少なからずは「ぐち」をこぼしたいものだが、中にはその内容を第三者にも閲覧されることを好まない場合もある。あらかじめカスタマーズサービス用のフォームメール用ページやメールアドレスを提示しておき、必要ならばそちらから連絡をするようにと知らしめておく。

10.業務・宣伝的ツイートを多用する場合は事前にお知らせをしておく
業務用アカウントの場合、あるいはそれに近い使い方をしている時には、続けて商品やサービスのツイートをしたくなる、せざるを得ない場合もある。その時はあらかじめ連続してツイートすることを知らしめておく。

「企業取得のアカウントで企業情報も配信するが、多くは本人自身、あるいは成り切りキャラの設定で気軽な対話をしていく」。このタイプのツイッターアカウントが増えている。いわばラジオのDJ的存在で、うまく使いこなせば多くの公知効果を生み出し、企業イメージも底上げできる。しかし一歩間違えれば、色々と面倒なことも起きうる。

また、原文には記載されていないことだが、「ツイッターもまたブログの一種であり、すぐに内容が消えるチャットとは異なる性質を持つことを忘れない」を加えておく。インターフェイスや見た目から「チャットと同じ」と思う人も多く、その感覚で使っていると、やはり「痛い目」にあいかねない。くれぐれもご注意あれ。


■関連記事:
【使い方が分からない人につぶやきたい、ツイッターの9つの賢い利用法】
【ソーシャルメディア利用で解雇されないための5つの留意点】

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー