気になる団塊世代男性の夕食スタイル、一人暮らしは「外食」利用が両極端

2012/02/29 06:45

一人身高齢者の食事インテージは2012年2月20日、団塊世代男性のライフスタイルに関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、普段夕食に外食を利用しない人は2割近くに達していることが分かった。月に1-3日ほど利用する人がもっとも多く、4割強を数えている。また単身者(一人身世帯)は外食の利用性向が両極端で、調査母体全体と比べて「ほぼ毎日夕食は外食」「夕食に外食は用いない」両回答項目で高い回答率を示している。特に後者は回答率が高く、1/3を超える値が出ている(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は団塊世代(1947-1949年生まれ)・現在62-64歳の男性のうち東京・埼玉・千葉・神奈川在住の人にインターネット経由で2012年1月20日から23日にかけて行われたもので、有効回答数は800人。なお2010年通信利用動向調査によると、該当世代の“最近一年間パソコンからのインターネット利用経験率”は70.5%となっている。

今調査母体に対し、現在の同居家族構成を尋ねたところ、「自分一人だけ」つまり単身世帯との回答者は9.8%となった。

↑ 同居家族構成
↑ 同居家族構成(再録)

それでは一人身世帯にしても、配偶者との世帯でも、複数世代世帯でも毎日欠かすことが出来ない夕食では、どの程度外食を利用するのだろうか。

↑ 直近三か月の夕食時の外食頻度(択一)
↑ 直近三か月の夕食時の外食頻度(択一)

外食利用率は全般的に低く、「ほぼ毎日」は2.5%。「週一以上」で区切り直しても24.4%と1/4にも満たない。もっとも多い区分は「月に2、3日程度」の22.5%で、冒頭にもある通り「月1-3日」での区切りでは4割を超える。通常は夕食を自宅で食し、イベント的に外食を用いるスタイルをしているようだ。また「外食は利用せず」とする意見も2割近く見受けられる。

夕食時の外食利用は、多分に世帯構成と大きな関係がある。複数世帯、あるいは配偶者がいる場合、自分以外の人が食事を創るのなら、回答者が「食事を創るのが面倒なので外食する」必要・事例は無くなる(無論単身者以外でも調理担当者が「疲れた」との事由、適切な食材が無い、そして「気が向いた」「食べたいものがある」「気分転換に」などイベント的に外食を用いる場面はある)。そこで調査母体全体と、単身者のみの回答結果で区切り直したのが次のグラフ。ただし単身者は全部で78人しかいないため、結果にぶれが生じている可能性があるため、あくまでも「参考値」として見て欲しい。

↑ 直近三か月の夕食時の外食頻度(択一)(全体と単身世帯(回答数78のため参考値))
↑ 直近三か月の夕食時の外食頻度(択一)(全体と単身世帯(回答数78のため参考値))

単身者の場合「月に2、3日」はほぼ同じだが、「月に1日-それ未満」の比率が全体と比べかなり低め。一方で「ほぼ毎日」「外食せず」の比率が、全体と比べ2倍近くの値を示している。夕食を創るのがおっくうで外食任せにする人がいる一方、料理が好きなのか外食を好まないのか、外食をしない人も多いことが分かる。特に後者は、単身者の1/3強を占めている計算になる。

もっとも【年金生活をしているお年寄り世帯のお金のやりくりをグラフ化してみる(2010年版)】を見ると、高齢層では単身世帯の方が金銭的に辛い状況が見えている。外食をしない人が多いのは、料理が好き・外食を好まないなどの理由より、金銭的な事情が強そうな気がしてならない。


■関連記事:
【意外に好まれる食パン…世代別・単身世帯の「食パン」「カップめん」「ハンバーガー」などの支出比率をグラフ化してみる(2010年分反映)】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー