大きな変動は無く、上位国も一様に僅かながら沈静化(国債デフォルト確率動向:2012年2月)

2012/02/15 19:30

国債・公債のデフォルト確率上位国をグラフ化した、2010年12月17日分の記事で説明したように、経済動向を推し量るのを目的とし、債権リスクを示す指針の一つCPDを元に、主要国・地域の国公債のデフォルト確率上位国を2010年12月から1か月単位で確認している。今回は2012年2月分として、15日時点での数字をグラフ化してみることにした。

スポンサードリンク


国公債のデフォルト確率を表すCPD(5年以内のデフォルト可能性)そのものの細かい定義、データの取得場所、そして各種概念は一連の記事まとめ【定期更新記事:CPD(国公債デフォルト確率)動向】で解説済み。そちらを参照してほしい。

今件のグラフは日本時間で2012年2月15日、つまり(日本時間で)本日取得したばかりの一番新しいデータで生成している。前回も掲載されていた国・地域については前回値を併記している。今回は幸いにも、上位10位は先月とすべて同じ国となった。

↑ 国債・公債のCPD上位10位(市場が見なしている、今後5年間でのデフォルト確率)
↑ 国債・公債のCPD上位10位(市場が見なしている、今後5年間でのデフォルト確率)(2012年2月15日時点)

いわゆる「ジャスミン革命」「Facebook革命」と呼ばれた中東近辺の連鎖反応的動乱は、「ロンドン暴動」「イスラエルの大型デモ」、さらには現在も一部で進行中の「Occupy Wall Street」運動などへも飛び火したが、結局のところ(背景や表現の仕方に違いはあれど)前者は「モバイル端末」と「相互情報の容易なコミュニティ」というツールで形成された、主に若年層による「エネルギーの発散」の形で収束しつつある。結果も賛否両論で、【「ジャスミン革命」の発端地、チュニジアの今】【エジプト:ムバラク政権崩壊1年 景気低迷、安定は遠く】などのように、結局「救われるべき」事態が悪化しているとの評価・実情も少なくない。

ギリシャの暴動を伝えるニュース一方で債務問題の悪化を起因とした欧米通貨、特にヨーロッパ方面のユーロをはじめとした各通貨への信頼性への揺らぎは続いており、これがここ数か月の間の極端な(特に対ユーロにおける)円高の一因でもある。特に昨今の不安定要因の中心国の一つであり、今件連載記事では常にトップの位置にあるギリシャでは、EUなどによる同国への第二次支援を受ける条件として定められている財政緊縮案などについて、国内で意見が完全にはまとまっておらず、きわどい状況が続いている。またギリシャ国内ではこの財政緊縮案に反対する勢力による大規模なデモが続いており、情勢は不安定化している。

今月分のデータでは最上位のギリシャをはじめ、直上に挙げたエジプトやポルトガルなど一部では高い水準を維持しているが、その他の国ではいくぶん数字を下げる(=リスクが軽減している)動きを見せている。これもギリシャの支援が本決定されれば、「とりあえず急場はしのげる」との思惑が多分にある。逆にギリシャ周りの支援が挫折する事態となれば、来月のグラフは新たな局面を見せるかもしれない。

なお日本の国債に対する値は4半期ごとに更新されるCMD Visionのリスクレポートの最新版【2011年第4四半期リスクレポート(CMA Global Sovereign Debt Credit Risk Report、PDF)】で確認できる。それによると、CPDは11.2%・格付けはaa-で順位は20位。2011年第3四半期の値がCPD値11.3%・格付けaa-・順位18位なので、状況は改善、世界各国との相対的なリスクは増加したことになる。少々妙な結果だが、世界のリスク改善に日本が乗り遅れていると考えれば、納得はいく。

ヨーロッパの債務問題はギリシャやイタリア、スペインなど大きな債務を抱える国自身だけでなく、複雑に絡み合った状態で日々状況の変化を起こしている。距離的には遠く離れている日本でも、もちろん無関係では無く、むしろ大きな影響を及ぼす関係にある。このような不安定感を受けて金融市場は総じて軟調にあり、これがさらに関係諸国だけでなく先進国・新興国を問わず世界各国の経済を足踏みさせている。今年は去年以上に「綱渡り感」が強いことから、これまで以上に気を引き締めて市場動向の確認に臨まねばなるまい。


■関連記事:
【昨今の国債・公債のリスク増大の動きをグラフ化してみる】
【「豚ちゃん(PIGS)」の次は「おバカさん(STUPID)」!? 財政危機国家の略語たち】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー