ビジネス・マネー系雑誌の部数推移をグラフ化してみる(2011年まで)

2012/02/17 06:40

マネー本先日まで【少年・男性向けコミック誌の部数変化をグラフ化してみる(2011年10月-12月データ)】などで【社団法人日本雑誌協会】が2012年2月9日に発表した、2011年10月から12月分の主要定期発刊誌の販売数を「印刷証明付き部数」ベースで公開したデータを元に、いくつかのグラフを生成した。これに関連して先日【少年・男性向けコミック誌の部数推移をグラフ化してみる(2011年まで)】で「継続的な変移」について、「抽出可能な期間は4年近くのみ」「部数上位雑誌限定」としながらも、部数推移をグラフ化した。今回は同じ趣旨で【ビジネス・マネー系雑誌の部数変化をグラフ化してみる(2011年10月-12月データ)】と連動する形で、ビジネス・マネー系雑誌の推移を見て行くことにする。

スポンサードリンク


使えるデータは「2008年4-6月期」から「2011年10-12月期」まで。四半期単位なので、都合15期分となる。個々の分野では多数の雑誌を対象としているが、すべてを対象としたのではグラフの動き把握しにくい・部数が少ない雑誌はぶれが大きくなるので、今回は直近時点でデータが確認でき(発刊中)、部数が上位6位のものに限定した。

まずは部数そのものの推移。

↑ ビジネス・マネー系雑誌の印刷実績(万部)(上位・一部のみ)
↑ ビジネス・マネー系雑誌の印刷実績(万部)(上位・一部のみ)

「COURRiER Japon」は今回取り上げた中では部数がもっとも少ないものの、期間中では比較的安定した推移を見せている。それ以外は概して漸減傾向にあり、特に部数そのものはトップを行く「PRESIDENT」、そして「THE21」の低迷が目に留まる。

一方、一部雑誌は2011年4-6月に「イレギュラー的伸び」を見せ、中期的な流れでも「震災特需」がビジネス系雑誌に発生したことをあらためて認識させる。

これを前期比で見たのが次のグラフ。

↑ ビジネス・マネー系雑誌の印刷実績(上位・一部のみ)(前期比)
↑ ビジネス・マネー系雑誌の印刷実績(上位・一部のみ)(前期比)

発行部数上位を選んでいるため、それなりに部数が多い雑誌のみの構成だが、毎期ごとの変動が大きめの雑誌が複数存在しているのが分かる。具体的には

・「BIG tomorrow」……比較的安定
・「COURRiER Japon」……安定と激しい変動の繰り返し
・「PRESIDENT」……震災までは比較的(低迷方向での)安定
  震災後は大きな変動
・その他の雑誌……四半期ごとに大きな変動

の傾向が見て取れる。「BIG tomorrow」は漸減しているものの固定読者層が多い、「その他の雑誌」は企画や特集での受けのあるなしによる変動が大きい(野球で例えるならばホームランバッター。ホームランか三振か、ということ)など、それぞれの雑誌の特性が良く表れている。

もっとも、二つのグラフを見返せば分かるように、一部を除けば確実に低迷・漸減方向にあることに変わりは無い。【1か月の購入金額は117円!? 週刊誌や雑誌、書籍の支出額をグラフ化してみる(2011年11月版)】【週刊誌や雑誌、書籍の支出額をグラフ化してみる(総世帯版)(2010年分まで反映)】にもある通り、消費者における雑誌の購入性向は確実に減少を続けている。さらにビジネス・マネー系の分野では、インターネットでの情報取得優位性が大きいため、紙媒体の雑誌の不利さは他ジャンル以上。

このような厳しい市場環境の中、各誌がどのように生き残り・躍進策を模索、実践していくのか。その可能性に期待したいところだ。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー