戦後の雑誌と書籍の発行点数をグラフ化してみる(「出版年鑑」編)(2015年)(最新)

2015/12/07 04:56

2015-1207当サイトでは出版業界の動向に関して、毎年日本出版販売が発行している「出版物販売額の実態」をベースに継続分析を行っている。このたびそれとは別ルートにあたる、総務省統計局の「日本統計年鑑」で公開データを取得できたことを受け、何回かに分けてそのデータを基に出版業界動向を推し量ることにする。今回は「戦後における雑誌と書籍の発行点数の推移」を確認していく。

スポンサードリンク


掲載場所は総務省統計局。まずは過去の長期時系列データだが、これは「日本統計年鑑」では無く【日本の長期統計系列】内の【第26章 文化・レジャー】内に、出版ニュース社「出版年鑑」から取得した値として、1945-2005年までの書籍・雑誌の発行点数や平均単価、総発行部数、実発行部数、実売上などが掲載されている(金額など一部は2000年まで)。残念ながら「日本の長期統計系列」は2012年3月で更新作業を終了してしまったので、今後のデータ追加は望めない。

2005年分以降は、今回スポットライトを当てた統計局の【日本統計年鑑】を用いる。ここでは同様に出版ニュース社「出版年鑑」から取得した値を確認できるのだが、発行点数「のみ」で、残念ながら実売額・発行部数などは一切未掲載。

歴史的な動向を知るには2005年までのものでも十分なのだが、今後のことを考えると、むしろインターネットや携帯電話が普及し始める2005年以降も含めた、継続的なデータによるグラフが精査の上では望ましい。そこで雑誌と書籍の発行点数のみを検証対象とすることにした。現時点では2013年分のものまで確認が可能。

↑ 雑誌点数推移(1948-2013年、「出版年鑑」ベース)
↑ 雑誌点数推移(1948-2013年、「出版年鑑」ベース)

↑ 雑誌点数推移(2001-2013年、「出版年鑑」ベース)
↑ 雑誌点数推移(2001-2013年、「出版年鑑」ベース)

↑ 書籍新刊点数推移(1948-2013年、「出版年鑑」ベース)
↑ 書籍新刊点数推移(1948-2013年、「出版年鑑」ベース)

↑ 書籍新刊点数推移(1948-2013年、「出版年鑑」ベース)
↑ 書籍新刊点数推移(1948-2013年、「出版年鑑」ベース)

雑誌は直近では2005年をピークに低迷、書籍は2005年以降はやや落ち込みを見せたものの、ここ数年は再び増加の動きを見せる。リーマンショックで一時凹むも、その後はむしろ伸び方を加速させる。このあたりは冒頭で触れている「出版物販売額の実態」を元にした記事などでも分析した通り。

それより目に留まるのは、1947-1948年における大きな伸び。特に雑誌は1947年に直近2013年の2倍に迫る、7249点もの雑誌が出版されている。これについては【新刊書籍・雑誌出版点数や返本率推移をグラフ化してみる】内で取り上げた「日本雑誌協会 日本書籍出版協会 50年史」内に次のような言及がある。

戦後復興と50年代の出版状況

終戦で各種統制が解除されて、出版が比較的自由にできるようになり、また書物の需要も急増するに伴い、1940年代後半には未曾有の出版ブームが到来している。「人びとは活字に飢えていたので、出版物であればなんでも売れるといわれるような状況が生まれ」、その結果が数字となって表れている。まるで任天堂の家庭用据え置き型ゲーム機・ファミリーコンピュータの展開当初における、ゲームタイトルの販売時期と同じ状況である。上記生成グラフにおける雑誌・書籍の急増も、これを反映したものとなる。

雑誌は2005年をピークに漸減を続けている。直近の2013年分でも減少の動きは止まっていない。しかし、書籍は上記にある通り今なお漸増する挙動を見せている。雑誌や書籍のような、印刷出版物界隈は、電子書籍の浸透、デジタル配信の一般化でその相対的社会価値観がゆらぐ一方、販売ルートとして重要視されながらも敬遠化が進んでいたコンビニで、その存在意義の見直しの動きが見られるなど、多様な環境変化が見受けられる。次回更新機会の際に追加される2014年分のデータでは、どのような動きを見せるのか、気になるところだ。


■関連記事:
【コンビニで最初に足を運ぶのは? 雑誌コーナー、お弁当では無く…】
【本屋の場所、大きさ別・雑誌やコミックの売上全体に占める割合をグラフ化してみる(2015年)(最新)】
【食品、雑誌、たばこ…コンビニから無くなったら困るものとは?】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー