【更新】国内問題としてオリンパス周りの話が…海外投資家、2週ぶりの売り超し(11/11/10)

2011/11/10 19:30

東京証券取引所は2011年11月10日、2011年10月31日から11月4日(11月第1週)における株券の投資部門別売買状況を発表した。それによるとこの週に外国人投資家が株を売った総額は2兆7234億5927万6000円なのに対し、買い総額は2兆6554億0356万6000円となり、差し引き680億5571万0000円の売り超しとなった。これは先週から転じて2週ぶりの売り超しとなる。なお法人は買い超しを継続し、個人は買い超しに転じ、証券会社は買い超しに転じている([最新発表リリース、PDF])(※今件記事はすべて東証第一部のみに限定した値であることに注意)。

スポンサードリンク


10月31日から11月4日における各部門別の売買動向は次の通り。

・法人……3750億2930万2000円/4060億9477万8000円(310億6547万6000円買超)
・個人……7328億4180万4000円/8120億0987万0000円(791億6806万6000円買超)
・外国人……2兆7234億5927万6000円/2兆6554億0356万6000円(680億5571万0000円売超)
・証券会社……695億0975万6000円/720億7843万8000円(25億6868万2000円買超)

(それぞれ売り/買い(差し引き))

また、この5週間における外国人投資家の動向は次の通り。

10月3日-7日……386億0587万9000円売超
10月11日-14日……575億2728万7000円買超
10月17日-21日……440億9665万6000円売超
10月24日-10月28日……1487億8402万6000円買超
10月31日-11月4日……680億5571万0000円売超

今回計測週は初日の10月31日の最高値を頂点とする形で下げ続けるばかりの週となった。一応週末の金曜日にはやや持ち直しを見せるも、積極的に買い進まれたわけではなく、戻しは限定的。日経平均株価は再びボックス圏内に収まる気配を見せている(出来高が少なめなのは一日休みがあり、営業日が4日でしかないため)。

次週計測週では国内問題としてオリンパス周りの話が加わり、売り要素がさらに増える形に。毎年この時期はどちらかといえば売り優勢となるのだが、今年は特に材料が多く、売りには困らないようだ。何よりも、ポジティブな先行き感がほとんど無いのが辛いところではある。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー