たばこが昨年の駆け込み需要の反動で大きく下げる…2011年9月度コンビニ売上高は4.0%のマイナス

2011/10/21 12:00

日本フランチャイズチェーン協会は2011年10月20日、2011年9月度におけるコンビニエンスストアの統計調査月報を発表した。それによると9月は来客数は6か月連続でプラスとなったものの、平均客単価はマイナスになり、売上高は下落。既存店ベースの売上高は前年同月比-4.0%と11か月ぶりにマイナスを記録している(【発表リリース、PDF】)。

スポンサードリンク


今調査の概要は、過去の記事まとめ【コンビニエンスストア(日本フランチャイズチェーン協会発表)】上で説明している。そちらで確認を。

各データについて前年同月比は次のようになる。

●店舗売上高:既存店は11か月ぶりのマイナス、全店も11か月ぶりのマイナス
・全店ベース……-2.0%
・既存店ベース…-4.0%

●店舗数(前年同月比)
・+1.6%

●来店客数:既存店は6か月連続のプラス、全店は11か月連続のプラス
・全店ベース……+3.5%
・既存店ベース…+0.4%

●平均客単価:既存店は10か月ぶりのマイナス、全店も10か月ぶりのマイナス
・全店ベース……-5.3%(600.7円)
・既存店ベース…-4.4%(594.4円)

●商品構成別売上前年同月比(全店ベース)
・日配食品……+9.6%
・加工食品……+6.5%
・非食品………-18.5%←昨年のたばこ値上げ直前の駆け込み需要の反動
・サービス……+16.7%
・合計…………-2.0%

※既存店……1年以上営業中の店舗

9月は気候的には去年のような厳しい残暑が続くことはなく、米飯類や惣菜の売上が堅調。一方で昨年10月に行われたたばこ値上げ直前の駆け込み需要で、昨年9月に「非食品」が大きく伸びた(2010年9月の「非食品」は前年同月比で+43.9%)ことへの反動から、今月の「非食品」は大きくマイナスにぶれ、これが売上を(昨年同月比の計算上)減退させることになった。

商品構成別に見ると、先月に続き「サービス」項目が引き続き堅調。「非食品」は直前の解説にあるように昨年の特需への反動でマイナス。「日配食品」も「加工食品」も堅調なだけに、この予定調和的な反動が足を引っ張るのは惜しい話ではある。

自粛の動き
直近ではほぼ終結。
昨年のたばこ特需の反動は
「非食品」を下げる働き。
各コンビニのIRページを見る限りでは、被災地で相次いで仮設店舗や移動店舗を設けて販売エリア・サービス提供地域の回復を図るなど、状況は少しずつ回復を見せている。他方【「節電の冬に向けて」…セブン-イレブン、8月23日からアルミ鍋商品の展開開始】にもあるように、冬の電力需給問題を察した動きを見せるコンビニも増えてきた。【セブン&アイHD、セブン-イレブンなどで1280円の「セブンプレミアム LED電球」発売】をはじめとした、節電の世相に合わせて新商品を展開するたくましさを見せるところもある。

次回10月分では今回の9月分以上に、「冬」に向けた動きが確認できよう。それと共に「非食品」では今回のような「特需の反動」ではなく、値上げによる売上下落の反動が容易に予想できるため(2010年10月の「非食品」は前年同月比で-19.3%)、数字の上では大きく伸びるに違いない。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー