シニアが「ハンドルを手離す」時の判断基準

2011/10/16 19:30

シニアドライバー「先進国病」として知られる世代別人口構成の変移の一つとして、高齢化・少子化がある。日本同様に高齢化に頭を痛めているアメリカでも、高齢者の自動車運転(とそれに伴う事故リスク)問題には重大な関心を寄せている。アメリカの運輸省の一部局である【国家道路交通安全局(NHTSA:The National Highway Traffic Safety Administration)】では【HealthDay】を介し、次のような症状が出てきたシニアは、自動車運転を止めるべきであると忠告している。

スポンサードリンク


・普段行き来しているルートをたどっているのに、迷ってしまう。

・乗っている自動車に引っかき傷やへこみが生じるようになる(運転手本人が気がつかない、あるいは気づいている状態で、あちこちにぶつけてしまい、思った通りに自動車を運転できていない)

・駐車違反切符を切られる。

・自動車事故を起こす、あるいは起こしかける。

・医者から「運転を止めるように」「運転頻度を減らす、控えるように」と勧められた時。あるいは運転に影響を及ぼす健康問題が生じたか、薬を服用するようになった時。

・自動車用の各種交通標識が事前に、十分な余裕をもって認識できなくなった時。

・明確な理由も無くむやみにスピードを出したり、ゆっくり運転するようになった時。

日本でも高齢者に向けて、自動車免許を自主返納した人には様々な特典(公共交通機関の無料パスなど)を提供する一方、免許を保有し続ける人には「運転手として適切な能力を保持しているか」の試験を行うなど、対策を講じつつある(【警視庁該当ページ】)。また「運転経歴証明書」の発行も行われている。とはいえ、高齢者そのものの増加とあわせ、高齢層による事故比率は増加の一途をたどっている。

若年・中堅層の場合は上記症状を起こしても十分復帰できるが、高齢者の場合は老化に伴うものであり、不可逆的な事象(の前兆)と判断せざるを得ない。最終的な判断は一人ひとりの状況によるが、今件チェックリストも参考に、適切な判断を下して欲しいものである。


■関連記事:
【高齢者運転の「もみじマーク」、今日から「四つ葉マーク」が仲間入り】
【年齢階層別・自動車乗用中の交通事故死者数推移をグラフ化してみる】

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー