ソーシャルメディアで使われる名前と本名との関係をグラフ化してみる(2011年版情報通信白書より)

2011/09/12 07:20

名前総務省は2011年8月9日、2011年版の【情報通信白書】を公開した。構成要素の多くは以前【携帯電話とパソコンの所属世帯年収別利用率をグラフ化してみる(2010年分データ反映版)】でも紹介した「通信利用動向調査」の結果を元にしている一方、他にも色々な資料を元にした注目すべきデータを収録し、資料性の高いものとなっている。今回はその中から、主要ソーシャルメディア(今件ではmixiやFacebookなどのSNS以外に、ツイッターなどのミニブログ、ブログや掲示板なども含む)利用者における、「自分自身を表す名前・ハンドルネーム」と「本名」の関係について見て行くことにする(【該当ページ:第3章 「共生型ネット社会」の実現がもたらす可能性(4)ソーシャルメディアの課題】)。

スポンサードリンク


今件項目は一次的には携帯電話(スマートフォン含む)・PHSを所有する人に対してインターネット経由で2011年3月に行われた調査結果を元にしている。調査対象は被災地域(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、千葉県)をのぞく全国で、有効回答数は3171人。男女比はほぼ1対1、年齢階層比は10代-50代でほぼ均等、60歳以上区分は他世代区分の約4割増の人数。

【複数利用者は1/4…ソーシャルメディアの利用動向をグラフ化してみる】にもある通り、調査母体のうちソーシャルメディアを現在利用中の人は約4割、利用経験はあるが現在使っていない人は1割、経験無しの人は5割近くに達している。

↑ ソーシャルメディアの現在の利用数、利用経験
↑ ソーシャルメディアの現在の利用数、利用経験(再録)

このソーシャルメディア利用者に対し、個々の利用ソーシャルメディア毎に、用いている名前・ハンドルネームと本名の関係について尋ねた結果が次のグラフ。なお「現実世界の自分と結びついているハンドルネーム」とは、該当するソーシャルメディア内の親しい間柄の人においては、現実世界の本名とハンドルネームが結びついている場合のことを意味する。一人が複数のハンドルネームを複数個所で利用し、それら同士が結びついていても、本名との結びつきが無い以上は、「現実世界の自分と結びついているハンドルネーム」には該当しない。

↑ ソーシャルメディアでの実名・ハンドルネーム利用率(ソーシャルメディアの種類別)
↑ ソーシャルメディアでの実名・ハンドルネーム利用率(ソーシャルメディアの種類別)

全般的には「本名」は1割程度、あとは「本名と無関係ハンドル」「本名と関係有りハンドル」が半数位ずつ。SNSでは【知り合いとのやりとりはSNS、悩み相談はブログ、情報探索はツイッター…主要ソーシャルメディアの利用目的傾向をグラフ化してみる(2011年版情報通信白書より)】にもあるように現実での知り合いとのやり取りを行う傾向が強く、そのため実名利用率が約2倍となっている。

あとはブログ、ツイッターがやや匿名性が高い以外は大きな違いはないのだが、「ネット上の掲示板」に限り、「本名と無関係ハンドル」が7割近くと、匿名性が高い結果が出ている。日本特有の掲示板文化「登録せずに誰でも利用できる」「名乗らなくても良い匿名掲示板が多い」が、本名や「本名と関係有りハンドル」の利用を妨げているものと思われる。

これを性別・世代別で見ると、また違った傾向が確認できる。

↑ ソーシャルメディアでの実名・ハンドルネーム利用率(属性別)
↑ ソーシャルメディアでの実名・ハンドルネーム利用率(属性別)

男女差はほとんど無し。やや女性の方が実名率が低い程度。一方世代別では、シニア層・若年層の本名・本名と関係有りハンドルの利用率が高い。これは以前【世代別・ソーシャルメディア利用時の個人情報の開示範囲をグラフ化してみる(2011年版情報通信白書より)】でも示した通り、世代別に情報公開傾向を見た場合、中年層の閉鎖性が強いことを裏付けるものでもある。中年層では実に約半数が「実名とは無関係のハンドルネーム」を利用していることになる。

名前と個性ハンドルネームは利用期間を重ねて行くうちに、実名と同じほどの重きを持つようになる。アメリカの事例だが【デジタル世代 10年後も継続?】でも解説している通り、デジタル社会における蓄積もまた、重要な経験・結果となり、容易に切り捨てるのが惜しい存在になるからだ(長年プレーしたオンラインゲームのデータは、出来れば同じ会社の類似他サービスにも活かしたくなる心境と似ている)。

実名・ハンドル、どれを使おうと個人の考え方次第だが、一度決めた名前は末永く使い、価値を高めて欲しいものである。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー