ソーシャルメディアを使わない理由・圧倒的多数は「興味が無い」(2011年版情報通信白書より)

2011/09/08 06:40

イエスかノーか総務省では2011年8月9日に、最新の2011年版となる【情報通信白書】を同省公式サイトにて公開した。構成要素の多くは以前6月1日に掲載した【携帯電話とパソコンの所属世帯年収別利用率をグラフ化してみる(2010年分データ反映版)】でも利用した「通信利用動向調査」の結果を元にしているが、その他にも多方面から集めた資料を元にしたデータを収録しており、資料性の高いものとなっている。今回はその中から、主要ソーシャルメディア(今件ではmixiやFacebookなどのSNS以外に、ツイッターなどのミニブログ、ブログや掲示板なども含む)を使わない人における、未利用の理由について見て行くことにする(【該当ページ:第3章 「共生型ネット社会」の実現がもたらす可能性(4)ソーシャルメディアの課題】)。

スポンサードリンク


調査対象母集団などについては先の記事【ソーシャルメディア利用者の他メディアとの使い分けをグラフ化してみる(2011年版情報通信白書より)】の解説部分で触れている。詳しくはそちらを参照してほしい。

【複数利用者は1/4…ソーシャルメディアの利用動向をグラフ化してみる】にもある通り、調査母体のうちソーシャルメディアを現在利用中の人は約4割、利用経験はあるが現在使っていない人は1割、経験無しの人は5割近くに達している。つまり現時点でソーシャルメディアを使っていない人は57.1%となる。

↑ ソーシャルメディアの現在の利用数、利用経験
↑ ソーシャルメディアの現在の利用数、利用経験(再録)

この57.1%に対し、なぜソーシャルメディアを「現在」使っていないのかについて、複数回答で聞いた結果が次のグラフ。最上位は「興味が無い」で6割近く。どのような特徴、長所があるのかを知っているか否かはまでは不明だが、ともかく関心を寄せる対象では無いという回答である。

↑ ソーシャルメディアを利用しない理由(非利用者限定)(複数回答)
↑ ソーシャルメディアを利用しない理由(非利用者限定)(複数回答)

次いで多い意見は「個人情報を知られたくないから」で2割近く。「不特定多数の人に知られたくない」「自分のプロフィールを悪用される可能性がある」「個人が特定されてしまう」など、ソーシャルメディアの特性の一つである、個人情報の取扱い、公知の可能性に関する懸念意見が高い値を占めている。さらに「迷惑メールや詐欺メールが来る可能性がある」など、厄介事が増えることへの心配も強い。

バランス一方で「参加のきっかけがないから」とする意見も15.7%に達している。こちらはポジティブな印象を持ちながらもチャンスが無く、「初めの一歩」を踏み出せない事例。例えばプレゼントキャンペーンなどの「アプローチ」をサービス側が提示することで、足を踏み出せる可能性はある。

今回はグラフ化しなかったが、ソーシャルメディアを「利用している」人においても、個人情報の漏えいや不正利用など「個人情報に関する懸念(要はプライバシー問題)」、そしてスパムメールなどの「厄介事の増加」に対する不安は大きい。しかしながら他人とのつながりを強化・検索の便宜化を図るための情報公開と、プライバシーの問題は「表と裏」のようなもので、完全な解決は難しい。

あまり情報公開に関する規制を強くし過ぎると、便利さまで損なわれてしまう。サービス提供側は巧みにバランスを調整しながら、運営を行ねばなるまい。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー