SNSは「見てるだけ」、ツイッターとブログは「読書き双方」が多い? ソーシャルメディアの閲覧書込み状況をグラフ化してみる(2011年版情報通信白書より)

2011/09/07 05:46

ソーシャルメディア総務省は2011年8月9日、同省の公式サイトにおいて、【情報通信白書】の2011年版を公開した。この白書は構成要素の多くを以前【携帯電話とパソコンの所属世帯年収別利用率をグラフ化してみる(2010年分データ反映版)】で紹介した「通信利用動向調査」から用いているが、一方で他にも多彩な資料を元にした注目すべきデータを収録し、資料性が高い。今回はその中から、主要ソーシャルメディア(今件ではmixiやFacebookなどのSNS以外に、ツイッターなどのミニブログ、ブログや掲示板なども含む)の利用者における、書込み・閲覧などの区分における利用スタイルの動向について見て行くことにする(【該当ページ:第3章 「共生型ネット社会」の実現がもたらす可能性(3)ソーシャルメディアの効用と可能性】)。

スポンサードリンク


調査対象母集団などについては先の記事【ソーシャルメディア利用者の他メディアとの使い分けをグラフ化してみる(2011年版情報通信白書より)】の解説部分を参照してほしい。

【複数利用者は1/4…ソーシャルメディアの利用動向をグラフ化してみる】にもある通り、調査母体のうちソーシャルメディアを現在利用中の人は約4割、利用経験はあるが現在使っていない人は1割、経験無しの人は5割近くに達している。

↑ ソーシャルメディアの現在の利用数、利用経験
↑ ソーシャルメディアの現在の利用数、利用経験(再録)

そこで現在ソーシャルメディアを使っている42.9%の人達に、利用する際にはどのような使い方をするのかについて、「閲覧」「書込み」の観点で尋ねた結果が次のグラフ。要は見てるだけの「閲覧のみ」か、自分の想いをネット上に載せるのがメインな「書込みのみ」か、それとも両方を積極的にこなす「閲覧と書込みの両方」かを聞いたもの。ソーシャルメディアにはグラフ上にある個別項目「SNS」「ブログ」「ツイッター」以外に「掲示板」「地域SNS」「ツイッター以外のミニブログ」などもあるが、今件では省略してある。

↑ ソーシャルメディア利用者の閲覧、書込み状況(個々のソーシャルメディア利用者限定)
↑ ソーシャルメディア利用者の閲覧、書込み状況(個々のソーシャルメディア利用者限定)

ソーシャルメディア全体では「閲覧書込み双方」が6割、「閲覧のみ」が4割。ところがSNSに限ると「閲覧のみ」の割合がやや大きくなり、書込みをする人が少なくなっているのが分かる。一方でブログは「閲覧のみ」は1/4強とかなり少なめ。「閲覧書込み双方」も含めた「書込みをする人」は7割を超えている。ブログがSNSと比べて積極的に個々の保有者による更新や、コメントの書込みが行われ、活性化が推し進められていることが分かる。

そしてツイッターは元々「ミニブログ」という区分のされ方からも分かるように、原理としてはブログのミニ版。読書き傾向もSNSよりはむしろブログに近い。



今件ではグラフ生成を省略するが、書込みをする人にその理由を聞いたところ、

・SNS……知人・友人に読んでもらいたい
・ブログ……同じ関心や興味のある人と知り合いになりたい、多くの人に広く読んでもらいたい
・ツイッター……暇つぶし、自分と異なる意見や新たな情報を知りたい

という傾向が強く出ているのが確認されている。「ソーシャルメディア」という広いくくりでひとまとめにされやすいSNS、ブログ、ツイッターだが、その利用スタイルや目的、主旨は巧みに使い分けられていることが見て取れるというものだ。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー