デジカメ7割・ケータイ4割強…普段使ってるカメラとは

2011/07/24 12:00

デジカメリサーチバンクは2011年7月20日、写真に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、普段は「デジカメ(コンパクトデジタルカメラ)」と「携帯電話のデジカメ機能」を併用して使っている人が多いことが分かった。それぞれ7割強、5割近くの人が利用している(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2011年7月9日から14日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1200人。男女比は1対1、年齢階層比は10代から60代まで10年区切りで均等割り当て。

内閣府の消費動向調査によれば、2011年3月末時点で「二人以上の世帯」における「世帯単位での」デジタルカメラ普及率は73.3%。世帯ベースだが約3/4はデジタルカメラ(一眼レフ、コンパクトを問わず、携帯電話のデジカメ機能付きは含めず)を保有している(【テレビやパソコンなどの普及率をグラフ化してみる(下)……乗用車やエアコン、デジカメなど(2011年分反映版)】)。

デジタルカメラ普及率
↑ デジタルカメラ普及率(再録)

今調査は個人ベースでの設問・保有と使用の違いのため、やや状況は異なるものの、ほぼ近い値が出ているのは興味深い話といえる。

↑ 普段どのようなカメラを使うか(複数回答)
↑ 普段どのようなカメラを使うか(複数回答)

世間一般に「デジカメ」と呼ばれている「コンパクトデジタルカメラ」の使用率は7割強。男女共ほぼ同じ値を示している。一方、それに次いで多い「携帯電話のカメラ機能」を使っている人は4割強。携帯電話の使用率が一般的に高い女性の方が、携帯のデジカメ機能の使用率も高い。

他のカメラはいずれも1割未満の値で低迷しており、男性の方がやや高めであることも共通している。また、元々インターネット経由での調査ということもあるが、フィルム式のカメラの利用率は5%内外(20人に1人居るか居ないか)でしかないのが、現在のカメラ市場の状況を物語っている。

以前【デジカメを 持っているけど ケータイで! デジカメ利用は イベントの時のみ】【手元に残す古いケータイ、何に使ってる? 目覚まし、アルバム、カメラ、それよりは…】などで、携帯電話のデジカメ機能が高性能化するにつれ、(コンパクト・一眼)デジタルカメラ市場そのものまで食われてしまうのではないか、と危惧したことがある。しかし「気軽にメモ代わりに撮れる」という観点での市場はある程度浸食されたものの、専用機としての「デジカメ」と、機動力・携帯性に長けてメモとしての意味合いが強い「携帯電話のデジカメ機能」は、今結果を見る限り、それなりに上手く住み分けが出来ているようだ。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー