驚くほどの心地よさが分かるベッドの広告

2011/07/15 19:30

ぐっすりソファーにしてもベッドにしても、すぐに横たえて眠ることができる環境を提供している家具は、時として非常に危険なアイテムとなる。眠たいけれど寝てはいけない時、視界にそれらの寝具が入ると、強力な「睡眠」を誘う呪文を投げかけてくるからだ。例えば疲れ果てて自宅に戻ってきた際に、食事や明日の準備、さまざまな雑務をしなければならないのに、ベッドを目の前にすると、「もう全部明日でいいや、このままベッドに飛び込んで眠ってしまいたい」と思った、さらには実践してしまった経験を持つ人も少なくあるまい。今回紹介するのは、その「ベッドの魅力」を端的に表した広告である(I believe in Advertising)。

スポンサードリンク


↑ 刑務所の外……なのだが
↑ 刑務所の外……なのだが

ぐっすりこれは上海にある寝具メーカーの広告。場面は恐らく刑務所のすぐそば。高い塀の上にある網や、右奥手に監視塔が見えることから、手前が刑務所の外側と思われる。そして網の一部が破れ、手が見えていることから、脱獄を図ろうとしている集団がいるのだろう。

ところが網が破れた先には二人の男性がベッドの上で、非常に気持ちよさそうに寝入っている。服装が典型的な囚人服であることから、「網を破って抜け出した二人が、下にあるベッドに足を踏み入れた途端、その気持ち良さに思わず眠り込んでしまった」ことが容易に理解できる。刑務所側の防犯対策なのか、あるいはたまたま偶然なのかは分からないが、彼らの努力も水の泡と化してしまったわけだ。彼ら自身は天国にいるかのような夢心地だろうが、目覚めたら今まで以上に辛い日々が待っている。

「刑務所から抜けだす場面という緊迫した状況下でも、うちのベッドの寝心地にはかなわない」。右下に描かれているキャッチコピー「Fall asleep easily(すぐにぐっすりと眠れますよ)」が、その自信のほどを裏付けしている。

ほぼ同じパターンがこちら。窓から侵入した賊が、やはりベッドの寝心地のよさのとりことなってしまっている。

↑ 窓から侵入した賊が……
↑ 窓から侵入した賊が……

ある意味刑務所よりもありそうなパターンだが、間抜けな話に違いは無い。

稀に賊が侵入した際、室内の食品を食いあさり、さらにはお酒などにも手を出して酔っぱらって寝入り、帰ってきた住民がそれを発見して警察に通報、お縄になるという、冗談のような話がニュースとして伝えられることがある。そのような話があるくらいだから、もしかして今回のような場面もあるかもな、と、顔はにやつきながらも思えてしまう。

状況としてはあり得ない場面ですら寝入る程の心地よさとは、どれほどのものなのだろうか。思わず試してみたくなるような広告には違いない。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー