自宅の愛らしい猫たちが…ねこ戦車軍団

2011/06/29 12:10

ねこ戦車猫を飼っている人ならご承知のように、彼ら・彼女らは狭くて暗い場所が大好き。恐らくは狩猟の習性・本能が影響しているのだろうが、【鍋? パソコン!? 猫が入りたがるところランキング】でも紹介した「猫ちぐら」や【猫と小箱、そりゃちょっとムリ】のような箱の中など、その習性を逆に利用したアイテムが存在し、また彼らの遊び道具として箱を提供する事例もある。今回紹介するのもその類で、身近な文房具などを発想の転換で楽しいアイテムに変えた品々を販売しているオンラインストア【suck uk】でも販売されている、「猫まっしぐら」的な商品である(【Cat Play House】)。

スポンサードリンク


↑ 展開図。利用者は自分の手で組み立てることになる
↑ 展開図。利用者は自分の手で組み立てることになる


↑ 完成図。商品に猫様は付いてきません
↑ 完成図。商品に猫様は付いてきません

ひと目で見ればお分かりの通り、これは猫の遊び道具として用意された、段ボール製の「家」。シンプルな構造の紙製模型で、完成時のサイズは59×44×23センチ。タイプは「消防車」「戦闘機」「戦車」「自動車」の4種類で、それぞれ15ポンド(1950円)。利用者は届いた段ボール製の商品を組み立て、愛猫に差し出すことになる。

もちろん猫からすれば、戦車だの自動車だのといった理解は(恐らく)無く、単に「狭くて暗くて隠れやすい場所」という認識を持ち、箱の中に潜むことになる。そして飼い主は、それがまるで戦車兵のようなポーズを決めていたり、消防車で活躍している消防猫のように見えるという、飼い主冥利に尽きる情景を堪能することになる。


↑ 戦車内に潜む猫と、それに挑む歩兵猫。結末は意外にも……
↑ 戦車内に潜む猫と、それに挑む歩兵猫。結末は意外にも……

半ば以上は飼い主側の自己満足でしか無いのだが、適度な狭さは猫にとっても頃合いが良いらしく、販売ページには多数の「戦車や消防車、自動車などと戯(たわむ)れる愛猫」の写真が寄せられている。

↑ Cat Play Houseを堪能する(?)数々の猫たち
↑ Cat Play Houseを堪能する(?)数々の猫たち

わざわざ2000円近くも支払って購入するシロモノか、というと正直微妙なところがあるが(笑)、多くの人が愛猫とのたわむれのためのアイテムを調達し、その様子を投稿し合う事で楽しみを共有するという、いわば「ソーシャルアイテム」的な使い方をするという観点では、面白い商品といえる。

ただ、構造・発想共にシンプルなため、容易に類似品が出てきそうなのが難点ではあるが……

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー