スマートフォンとゲーム機とパソコン、普段ゲームをする機会がもっとも多いのは?

2011/04/14 12:10

スマホでゲーム【ハンゲーム】を運営するNHN Japanは2011年4月13日、スマートフォンや一般の携帯電話のゲームコンテンツに関する意識調査結果を発表した。それによると調査母体においては、「普段ゲームをする機会が最も多いツール」として一番多くの人が選んだのは「携帯電話・スマートフォン」であることが分かった。特にスマートフォンユーザーにおいてはゲーム機で無く、スマートフォンを選ぶ傾向が強いのが確認できる。

スポンサードリンク


今調査は2011年4月7日から8日にかけて20-30代の社会人男女800人に対してインターネット経由で行われたもので、有効回答数は800人。男女比・年齢階層比は非公開。スマートフォンユーザーと一般携帯電話ユーザー比率は1対1。

【男の子はゲームに夢中、女の子は……小中学生の携帯電話利用事情】【iPhoneユーザーが最もよく使うアプリは?】などにもあるように、携帯電話をはじめとしたモバイル端末では、ゲームの人気が高い。元々若年世代の方がモバイル端末の普及率は高い事に加え、いつでもどこでも持ち運んで使えることから、「ちょっとした時間つぶし・暇つぶしに」「時々確認して進行をチェックする」的な使い方が出来るのがポイント。

今件調査母体は年齢階層が20-30代と若年層に限定され、ゲームに対する感心も高い。グラフは略するが、同調査内別項目では「ゲーム機」という言葉でもっともよく連想されるものに「DS/3DS」、次いで「Wii」「PS3」とゲーム機が上位に連なっている。

しかしながら実際に「普段ゲームをする機会がもっとも多いツールは」との設問では、それらのゲーム機では無く、「携帯電話・スマートフォン」を挙げる人が最多回答率を得る結果が出ている。

↑ あなたが普段ゲームをする機会がもっとも多いツールは
↑ あなたが普段ゲームをする機会がもっとも多いツールは

第二位のDS/3DSは21.0%、パソコンは15.8%。回答者年齢層を考慮すれば「ゲーム機で積極的にゲームをする歳でもないし、そのような場も作りにくい」という考えも理解できる。しかしそのような状況があるにしても、「一番よく遊ばれているゲームツール」として「携帯電話・スマートフォン」が挙げられるのは少々驚きであり、同時に使われている場面を想像すれば理解もできる。

さらに興味深いのは、この結果を「スマートフォンユーザー」と「一般の携帯電話ユーザー」に分割して見た場合。

↑ あなたが普段ゲームをする機会がもっとも多いツールは(スマートフォン・一般携帯電話ユーザーそれぞれで)
↑ あなたが普段ゲームをする機会がもっとも多いツールは(スマートフォン・一般携帯電話ユーザーそれぞれで)

一般携帯電話ユーザーも携帯電話・スマートフォンでゲームをする傾向は強いが、それでもDS/DS3やパソコンなどと比べると「もっともよく使っている」率は低い。ところがスマートフォンユーザーになると、それらのツールを差し置いて約1/3もの人が「ゲームツールとしてもっともよく使っている」と回答している。

現時点ではそもそも論として、スマートフォンユーザーがどちらかといえば「積極的に色々な技術に挑戦するアクティブユーザー」の割合が高く、ゲームも色々とチャレンジしている結果ともいえる。しかし一方で、スマートフォン上でのゲームは携帯電話やゲーム機よりも表現力・ネットワーク性に優れている場合が多く、しかもパソコンゲーム並の内容を持つものも少なくない。加えて回答世代層にマッチした「大人向け」で、なおかつモバイル端末ならではの「ちょっとした時間の合間に遊べるゲーム(カジュアルゲーム)」も多数揃っている。

もちろんスマートフォンは、ゲーム機としての機能だけを備えているわけではない。しかしゲーム好きな人にとっては、携帯電話以上に可能性の広がる、そして頼もしいゲームツールとして見られていると考えられそうだ。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー