気になる他人の「頭の不快さ」。白髪は実は……

2011/04/05 07:18

髪持田製薬グループの持田ヘルスケアは2011年4月1日、髪や頭皮に関する意識調査結果を発表した。それによると調査母体においては、他人の髪や頭皮で一番不快に思ったこととして多くの人が挙げたのは「頭皮の臭い」「フケ」「べたつき(脂)」だった。自分自身の髪の悩みごととして多数の人が挙げている「髪型」「白髪」「髪の毛の細さ」は、「他人の事象に関しては」ほとんどの人が気にしていないことが分かる(【同社公式ページ】)。

スポンサードリンク


今調査は2009年7月17日から20日にかけてインターネット経由で20-69歳の男女に対して行われたもので、有効回答数は1030人。男女比は1対1、年齢階層比は20代-60代まで10歳区切りで均等割り当て。

経年と共に主な悩み事は「髪型」から「白髪」へと変化するものの、多くの人が「自分の」髪や頭皮に関する悩み事を抱えている。

↑ 髪や頭皮について気にしていること・悩んでいること(複数回答)(世代別)(上位5位)
↑ 髪や頭皮について気にしていること・悩んでいること(複数回答)(世代別)(上位5位)(再録)

それでは自分自身ではなく、「他人の」髪や頭皮について、最も不快に思ったのはどのような事柄だろうか。最上位は「頭皮の臭い」で35.3%、次いで「フケ」が29.9%、「べたつき(脂)」が25.9%という結果となった。

↑ 他人の髪や頭皮について最も不快に思ったこと
↑ 他人の髪や頭皮について最も不快に思ったこと

最初の再録のグラフと比較すると、興味深い事象が確認できる。つまり

・当人は自分の「白髪」「髪型」「薄毛」を気にしている
・他人のは「頭皮の臭い」「フケ」「べたつき」を気にしている

となり、自分が気にしている髪や頭皮の悩み事は、実は他人はほとんど気にならない事象でしか無いことが分かる。むしろ普段はあまり「自分自身のこと」として気にしている人は少ない「頭皮の臭い」「フケ」「べたつき」にチェックを入れた方が、自分のためにも他人のためにもプラスとなる。

ちなみにこれを世代別に見ると、「フケ」は歳を経るほど強い不快感を覚えるようになる。

↑ 他人の髪や頭皮について最も不快に思ったこと(世代別)
↑ 他人の髪や頭皮について最も不快に思ったこと(世代別)

頭皮の臭いと共に、年上の人に公式の場で会う、あるいはビジネスなどで顔合わせをする場合は、とりわけ回答項目上位陣、中でも「フケ」に注意しておいた方が良いといえよう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー