大体7月-8月がピーク…東京電力需要推移を探る

2011/04/03 19:30

先に【東京電力、現在の電力使用状況グラフを公開】【東電、今夏の電力需給予想を発表・ピーク時で5500万kWの需要に対し供給は4650万kW】でも説明しているように、先の東日本大地震によって東京電力・東北電力管轄内の発電所は大きな被害を受け、電力供給力の回復がままならない状況にある。特に東京電力管轄内は福島第一原発周りの事態が収束に向かう気配を見せず、非常に流動的な状態といえる。電力の供給不足から、需要ピーク時に一定区域内を停電させる「計画停電(輪番停電)」で事を凌いでいる次第だが、季節が春めいてきたことで暖房機器の電力使用量が減少したことや、企業などの節電対策により、ここ数日はどうにか計画停電そのものが実行されずに済んでいる。しかし夏になると冷房により再び電力需要は増え、供給力の回復が間に合わず、計画停電が再度行われるとの懸念がある。そこで今回は、東京電力管轄内における月単位の最大電力需要の推移を調べ、今後の動向を推し量る材料を創ることにした。

スポンサードリンク


概要的なデータならば、例えば【でんきの情報広場内情報ライブラリー】にある【FEPC INFOBASE 2010(PDF)】などで取得は可能。しかし概算的なものでしかなく、また東電だけのデータは見当たらない。

そこで、【電力統計情報】内からデータを抽出し、独自にグラフを創りなおすことにした。具体的には「III 需要」から「最大電力」の項目を選び、「最大発生日時」「総合計」を選択。そしてそのままさらに「VI 電灯電力需要実績月報」から「用途別使用電力量」を選んで、「使用電力量」を選択。その上で「東京(電力)」「2000年」-「2011年」の期間選択を行い、データを抽出する。記載されている数字は各月毎の最大電力需要時における需要電力(単位はMW)なので、東電が現在提供している使用状況グラフの単位である万kWに合わせるよう換算する。

記事執筆時点で2011年1月分までデータが用意されているので、2000年1月以降における、東京電力管轄内での月単位最大電力需要の推移を示したのが次のグラフ。

↑ 東京電力の月単位最大電力需要(万kW、最大需要時)
↑ 東京電力の月単位最大電力需要(万kW、最大需要時)

過去10年間ほどにおいては、2001年のやや減退する時期をのぞけば、大体各月のピークは4000万kW-6000万kWで安定していることが分かる。

しかしこれでは正直分かりにくい。そこで過去3年間+今年の1月分(※今後付けたしていく可能性を考慮したもの)に絞り、年単位で折れ線グラフを別個用意し、重ねたものが次の図。矢印は現在用意されている最新のデータ、2011年1月におけるピーク時のものだ。

↑ 東京電力の月単位最大電力需要(万kW、最大需要時)(2008年-)
↑ 東京電力の月単位最大電力需要(万kW、最大需要時)(2008年-)

各年・各月の気温などの各種条件により電力需要は変化するが、大体7月-8月がピークになることが分かる。4月-5月は比較的少ないが、これは冷房も暖房も使わないため。また、仮に去年と同じ電力需要だとしたら、6月には早くも本格的な計画停電による供給制限を行う必要が生じてくるのも分かる。

「現時点の電力は昨年までとは随分事情が異なるけど、夏はどうなるのだろうか」という疑問が沸いてくる。そこで、毎年の「3月のピーク時における最大需要電力」と「最高月(=その年最高)のピーク時における最大需要電力」を比較し、どれだけ年間ピークと3月のピークに差があるのかを計算したのが次のグラフ。2001年がやや特異値となっているが、それ以外はほぼ1割強-3割の範囲に留まっている。

↑ 東京電力の各年における、月単位最大電力需要の差異(3月と、その年の最大需要月)
↑ 東京電力の各年における、月単位最大電力需要の差異(3月と、その年の最大需要月)

このままの利用状態が続けば、3月の(地震発生後における)最大需要電力3730万kW(※概算)の3割増しで4850万kW、現時点で電力未達地帯の復旧分なども合わせて考えれば、東京電力の試算5500万kWが妥当な線であることが分かる。そして現時点で東京電力が試算している、7月末までに回復しうる電力供給量は4650万kW。単純計算で850万kWもの不足となる。



ちなみに「電力需要”量”」から概算すると、大体1/3が民間住宅向け、2/3が商業・工業などの業務向けとなる。経済復興のためにも極力商工業への負担を避けることを考慮すれば、1/3の民間住宅向け部分での惜しみない協力が必要。去年の夏のような猛暑が来ないことを切に願いたいところだ。

そして恐らくは、このまま現時点での試算以上に需給の改善が見られなければ、今年の夏は連続しての計画停電が行われることになるだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー