がん予防、食生活や生活習慣、ストレスの改善以上に知られているものは…?

2011/02/17 12:00

喫煙とグラフ日本能率協会総合研究所は2011年2月4日、がんと免疫などに関するアンケート調査結果を発表した。それによると調査母体においては、がん予防に有効なものとしてもっとも認知度が高いのは「禁煙」だった。全体では6割近い人が「禁煙はがん予防に有効」と認識している。全般的に男性よりも女性の方が認識度が高く、特に「定期的ながん検診」に対する認識度は「禁煙」以上の6割強に達している(【発表リリース、PDF】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年12月21日から27日にかけて20-69歳の男女に対してインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1000人。男女比は1対1、年齢階層は20代から60代まで10歳区切りで均等割り当て。

【日本人の「3人に2人が『がん』になる」「2人に1人が『がん』で亡くなる」・がんの2015年問題とは】【「日本人の死因トップはがん、中でも肺がんが多い」知らない人は6割】などにもあるように、統計上でも「がん」は身近な病気。今調査母体でも6割近くの人が「自分もがんを発症する可能性がある」と認識している。

↑ 将来自分ががんになる可能性
↑ 将来自分ががんになる可能性(再録)

それではそのがんを避けるため、がん予防に有効な手立てとしてはどのような事柄を知っているだろうか。複数回答で聞いた結果が次のグラフだが、全体では最多回答率となった項目は「禁煙」だった。

↑ がん予防に有効と知っているもの(複数回答)
↑ がん予防に有効と知っているもの(複数回答)

今調査全体、というよりは「がん」周り全般にいえることだが、男性より女性の方が関心度が高く、認知されている有効な手立てへの回答割合も高い。女性に限れば上位6位項目まですべてか「過半数が知っている」という高い回答率を得ている。中でも「定期的ながん検診」への認知度は極めて高く、「禁煙」を抜いてトップについている(厳密には「がん検診」を受けてもがんの発症率そのものが減るわけではない。早期発見が可能となり、治療率が高まるということに注意してほしい)。

恐らくこれは女性が高い関心を寄せる乳がんに関連しての動きと思われるが、以前【女性の乳がん検診、ハードルは「費用」】などでも触れたように、乳がん検診のハードルとして「検診費用」が立ちはだかっている。もっともその記事でも言及しているが、病院や検診セットによって費用は多種多様(高くとも1万円はしないようだ)で、自治体によっては条件を満たせば無料かそれに近い額で受けられる制度も用意されている。まずは自治体に問い合わせ、住民へのサービスとして利用できるかどうかを確認するのが得策といえる。



具体的な数字が公開されていないので今回はグラフを略するが、今調査では「免疫力を高める」「食生活の改善」項目に関連する形で、がん予防や免疫力向上のために摂取している食材を尋ねている。それによると「トマト・野菜ジュース」などごく一部の項目をのぞき、ほとんどの食品で男性に倍する形で女性が高い値を示している。食生活を通じたがん予防には、男性よりもはるかに女性の方が熱心なようだ。食卓を預かることが多い女性としては、やはり食の面から「がん」に関心がいくのだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー