「がん」を怖い病気だと思う人は9割近く

2011/02/13 07:07

がん検診日本能率協会総合研究所は2011年2月4日、がんと免疫などに関するアンケート調査結果を発表した。それによると調査母体においては、「がん」を怖い病気だと感じている人は9割近くだった。また自分自身ががんになる可能性については6割近くの人が「ある」と思っていることが分かった。がんが身近な病気であり、しかもそれに対して恐れを抱いている人が多い事があらためて確認できる結果となっている(【発表リリース、PDF】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年12月21日から27日にかけて20-69歳の男女に対してインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1000人。男女比は1対1、年齢階層は20代から60代まで10歳区切りで均等割り当て。

【日本人の「3人に2人が『がん』になる」「2人に1人が『がん』で亡くなる」・がんの2015年問題とは】【「日本人の死因トップはがん、中でも肺がんが多い」知らない人は6割】などにもあるように、統計上でも「がん」は身近な病気。昨今は著名人が亡くなられた報道を耳にする際に、その死因として「がん」の名前が挙げられる機会が増えていることに気がついている人も多いだろう。日本の三大疾病「がん」「脳卒中」「心筋梗塞」のうち、後者二つは治療法や予防法が開発されて致死率も低下傾向にあるが、「がん」の一定期間内における発症率はさほど変わらず、さらに寿命が延びていることに伴い、相対的に目立つ形となっているのが現状。

がんそのものに対する認知は比較的高く、9割近い人が「怖い病気」と認識している。男性よりも女性の方ががんへの関心度が高いようで、恐れもやや大きい。

↑ がんは怖い病気だと思うか
↑ がんは怖い病気だと思うか

男女の差異はややあれど、9割前後の人ががんを甘く見ていないことが確認できる。

それではそのがんに対し、自分自身の発症可能性についてはどのような認識を持っているのか。「自分がかかる可能性」については「ある」としている人は6割近くに留まっている。

↑ 将来自分ががんになる可能性
↑ 将来自分ががんになる可能性

ただし「どちらともいえない」とする回答が1/3を超えており、啓蒙不足や自覚不足によるところが大きいものと思われる。

一方「なる可能性がある」とする5割強の人に、「なぜがんになる可能性があると回答したのか」について複数回答で聞いたところ、最多回答率となったのは「身内にがんになった人がいる」だった。

↑ 将来がんになると思う理由(複数回答、なる可能性があると回答した人限定)
↑ 将来がんになると思う理由(複数回答、なる可能性があると回答した人限定)

遺伝学的な問題に加え、がんという病気を身近でリアルに体感している以上、自分自身への問題でもあるという認識が高まった結果といえる。

また男女別に見ると男性は喫煙や飲酒など「飲む」行為により、女性はストレスや免疫力の低下などをトリガーとしてがんを発症するのでは、と異性より強く心配していることが分かる。同じがんに対する恐れでも、男女でこのような違いが見られるのは生活習慣の相違の結果といえる。

さらにこれらの項目はいずれもがんに限らず、(「身内に-」をのぞけば)心身への余計な負荷・不健康になりうる行為に他ならない。逆に考えれば、ごく普通に心身を鍛えていれば「がんの予防にもなりうる」と多くの人が思っていることになる。そしてそれは実際のがんの仕組み(がん細胞の多くはNK細胞などの免疫系細胞が摘み取っている)から見れば、あながち間違っていないのである。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー