よく遊ぶゲームのジャンルは? トップはロープレと…

2011/02/01 06:58

ゲームで遊ぶマイボイスコムは2011年1月25日、ゲームの利用に関する調査結果を発表した。それによると調査母体のうちゲーム機やゲーム機能のある機器で遊ぶ人においては、ロールプレイングゲームやパズルで遊ぶ人がもっとも多く、それぞれ1/3強に達していることが分かった。次いで好かれているジャンルはシミュレーション、アクションの順となっている(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2011年1月1日から5日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1万1905人。男女比は1対1、年齢階層比は10代1%・20代11%・30代30%・40代30%・50歳以上28%。

【任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」発売日は2011年2月26日、価格2万5000円に決定】でも紹介した[任天堂(7974)]の次世代携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」をはじめ、世間一般には多種多様な据え置き型・携帯型の家庭用ゲーム機が存在する。そしてパソコンはもちろんのこと、携帯電話やスマートフォンなどでも多種多様なゲームが提供され、ゲーム機器としての利用も可能。

それらのゲーム機やゲーム機能のある機器で、実際に遊んでいる人は全体の7割近く。ほぼ毎日遊んでいる人も16.3%に達している。

↑ ゲーム機やゲーム機能がある機器で遊ぶ頻度は(パソコンや携帯電話のアプリ含む)
↑ ゲーム機やゲーム機能がある機器で遊ぶ頻度は(パソコンや携帯電話のアプリ含む)

「週一以上でゲームを遊ぶ」人で区切れば42.0%。「ソーシャルゲームが普及しつつある昨今ではやや少なめかな?」という感はある。リリースコメントには「若年層ほど頻度が高い傾向」とあるため、若年層の高頻度が全体としては薄れてしまったものと思われる。また、全体では32.8%が「ゲーム機、ゲーム機能を持つ機器でのゲームは遊ばない」と答えており(年数回も含めれば、実に半数近く)、ゲーム、特にソーシャルゲームの「伸びしろ」はまだまだ大きいことがうかがえる。

それではゲームで遊んでいる人たちは、どのようなジャンルのゲームを好んでいるのだろう。複数回答で尋ねた結果では、ロールプレイングゲームとパズルが同率一位となった。

↑ 遊ぶゲームのジャンルは(複数回答、ゲーム機・ゲーム機能がある機器で遊ぶ人限定)
↑ 遊ぶゲームのジャンルは(複数回答、ゲーム機・ゲーム機能がある機器で遊ぶ人限定)

ロールプレイングゲームはじっくり系、パズルゲームはあっさり系の代表格的なジャンル。よく遊ぶタイプのゲームとして最上位にくるのも納得がいく。最上位組と比べればやや得票率は落ちるものの、シミュレーションゲームやアクションゲーム、スポーツゲームなど、ゲームソフトの売れ行き上位でよく見かける「常連タイトル」(単週のみのランクインではなく数週に渡って上位入りするタイトル)の該当ジャンルが連なっているのがわかる。

やや意外かもしれないのが学習系ゲームだが、これは『東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング』の大ヒットに始まる、「脳トレ」ブームがブームで無くなり、学習系ゲーム全般の浸透に一役買ったことを思わせる動きといえる。

リリースコメントでは「男性はシミュレーション、アクション」「女性はパズル、学習系などが多い」とある。男性は腰を据えてじっくりと楽しむこってり系、女性はあっさり系のゲームを好む傾向が強い、ということだろうか。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー