【更新】働く独身者、分譲マンションのメリットを考える

2011/01/29 12:00

女性とマンションアイシェアは2011年1月25日、独身のビジネスパーソンに対する住まいに関する意識調査の結果を発表した。それによると調査母体のうち自前の住宅を持たない人においては、分譲マンションの購入メリットとして「自分で好きなデザイン可能な空間を確保できる」を挙げた人がもっとも多く、4割近くを占めていた。次いで「プライベートな時間の充実」を挙げており、「好きなデザインの部屋で好きな時間を大いに過ごせる」ことを夢見ている感がある。また男女別では女性の方が、これらの項目に対する要望が強いことが確認できる([発表リリース])。

スポンサードリンク


今調査はアイシェアが2011年1月13日から1月17日の間、無料メール転送サービスCLUB BBQの登録会員(携帯電話による個人認証を利用したもの)に対してパソコンのインターネット経由で行われたもので、東京都・神奈川県・埼玉県に在住し、結婚予定無しの未婚有職者を対象にしている。有効回答数は1192人。男女比は74.6対25.4、年齢階層比は20代7.3%・30代55.4%・40代37.3%。

調査母体では実家暮らしをしている人は34.9%。残りの65.1%は実家から離れて暮らしている。全体の過半数は賃貸住宅暮らしで、分譲住宅や一戸建てを手に入れて暮らしている人は1割強に過ぎない。

↑ 現在の住まい(結婚予定無しの未婚有職者)
↑ 現在の住まい(結婚予定無しの未婚有職者)(再録)

それではこの「1割強」以外の、自分の持家を持たず実家暮らしや賃貸住宅暮らしをしている人に、”「1割強」の仲間入りをするとしたら、つまり「分譲マンションを購入する」としたら、どのようなメリットが想定できるだろうか”と聞いた結果が次のグラフ。トップは「自分で好きにデザインできる空間の確保」で37.3%を占めた。

↑ 分譲マンションを購入したらどのようなメリットがあると思うか(複数回答)(実家・賃貸住宅居住者限定)(結婚予定無しの未婚有職者)
↑ 分譲マンションを購入したらどのようなメリットがあると思うか(複数回答)(実家・賃貸住宅居住者限定)(結婚予定無しの未婚有職者)

実家住まいや賃貸住宅では、自分の思う通りに手を加えることは難しい。実家では怒られるのがオチだし、賃貸住宅でも禁止されていたり、退去時に多額の原状復帰代を徴収されかねないからだ。やはり「自分の好き勝手にいじれる」ことをメリットと考える人は多い。

これを属性別に見たのが次のグラフ。

↑ 分譲マンションを購入したらどのようなメリットがあると思うか(複数回答)(実家・賃貸住宅居住者限定)(結婚予定無しの未婚有職者)(属性別)
↑ 分譲マンションを購入したらどのようなメリットがあると思うか(複数回答)(実家・賃貸住宅居住者限定)(結婚予定無しの未婚有職者)(属性別)

まずぱっと見で分かるのは、青い棒(男性)よりも赤い棒(女性)の方が長い項目が多い事。特にトップ2項目では大幅に長いのが分かる。女性が分譲マンションに対し、男性以上に多種多様の項目に渡り、夢見て希望を託しているのが見て取れる。また「投資資産」の面ではかなり男性より値は低く、あくまでも自分自身が住むことを前提に考えているのが分かる。

この傾向から思い出されるのが、以前の【一人暮らしの女性の決断? 男女別単身世帯の分譲マンション比率をグラフ化してみる】の記事。単身女性は40代を境に持ち家・分譲マンションなどの購入に踏み切るパターンが多い。また、同時にその目的のために必死に貯蓄を積み増している状況も確認できる。

↑ 男女・年齢階層別・持ち家共同住宅の割合(単身世帯)
↑ 男女・年齢階層別・持ち家共同住宅の割合(単身世帯)(再録)

今件調査母体は40代も含まれており、あるいはその「ターニングポイント」に足を踏み入れている人も少なくない。現実味の高い話だからこそ、あれこれと考えて多項目の数字を上げているのだろう。

一方年代別では歳を重ねるに連れて回答率が減少する傾向にあるが、唯一「投資資産」項目だけが一様に上げている。これはある程度資財に余裕が出来た年上の世代が、投資も兼ねて購入してみるか、という余裕が出ていることが推定できよう。



お姫様【一人暮らしの女性の決断? 男女別単身世帯の分譲マンション比率をグラフ化してみる】内のグラフとして本文中に再録したグラフを見てお分かりの通り、中堅層以上の独身女性の分譲マンション購入意向は意外に高い。今回の調査結果にある「自分で好きなデザイン可能な空間を確保できる」「プライベートな時間の充実」が女性で特に高い値を示しているのは、「一国一城の主」……というよりは「城のお姫様」となり、自分でデザインしたお城の中で有意義な時間を過ごしたいという願望をかなえるため、なのかもしれない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー