出勤前 観ている番組 何ですか? 「めざましテレビ」が4割を超えて

2011/01/22 19:30

朝活ライフネット生命保険は2011年1月20日、早起きをして出来た朝の時間を仕事や趣味に活用する「朝活」に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、出勤前に観るテレビ番組として一番人気があるのは「めざましテレビ」であることが分かった。4割強の人が視聴している。次いで「ズームイン!! SUPER」「NHKニュースおはよう日本」が続いている。一方で出勤時にテレビは観ない人も2割近くに達していた(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年11月19日から30日にかけて携帯電話によるインターネット経由で、20-39歳の会社員(パート・アルバイト除く)1000人に対して行われたもので、男女比は1対1。年齢階層比は20代が339人・30代が661人。

いわゆる「朝活」をしている人は調査母体では4割に達しているが、それらの多くはメールのチェックやニュースの確認をしている。

↑ 現在継続的に行っている「朝活」の内容(複数回答、やっている人限定)
↑ 現在継続的に行っている「朝活」の内容(複数回答、やっている人41.2%限定)(再録)

「朝活」では昨日起きた、あるいは自分が寝てから起床するまでに発生したニュースの総点検、さらには本日の予定などのチェックがメインとなる。朝のテレビ番組はそれら「朝活」で求められている事を、ある程度サポートしてくれる特徴を持つものが多い。主要新聞朝刊のダイジェスト解説が良い例だ。

それではそれらの朝のテレビ番組で、出勤前に観ているものは具体的にどの番組だろうか。調査母体が全国からのもので、地域によっては観られないものものあるため、完全に全番組が公正なスタートラインについているわけではない。しかし全国放送のものも多いため、「ほぼ同列」と見てよいだろう。

↑ 出勤前に観るテレビ番組(複数回答)
↑ 出勤前に観るテレビ番組(複数回答)

トップは「めざましテレビ」。「今日の占い」「きょうのわんこ」「ココ調」「MOTTOいまドキ」など多種多彩なコーナーから構成される早朝番組で、スタートは午前5時25分。今年で18年目を迎える長寿番組でもある。「事件や政治などのニュースからスポーツ、そして芸能エンターテイメント情報まで、これから出かける学校や職場、さらには家庭で盛り上がる話題になる最新情報をより早くわかりやすくお伝えします」と番組説明にあるように、まさに「朝活」のニーズにはふさわしい内容。若年勤労層の4割を超える人が見ているあたり、驚異的な視聴率であることが予想できる。

第二位は「ズームイン!!SUPER」。こちらも朝の総合情報バラエティ番組的なもので、2001年までの「ズームイン!!朝!」や朝5時台・6時台の番組を統合してスタートした。しかし【一部報道で伝えられ】、後ほど公式に発表があったように、今年3月で今番組は終了。4月からは「ZIP!」という番組がスタートすることになる(【紹介ページ】)。

第三位以降も著名な番組が名を連ねているが、支持率は10%内外でしか無く、事実上この2番組「めざましテレビ」「ズームイン!!SUPER」が朝の定番番組と見て良いだろう。それだけに第二位の地位にある「ズームイン!!SUPER」の後釜となる「ZIP!」が、これまでの視聴者の期待に応える内容となるか否か、注目したいところではある。

なお「出勤前にテレビは観ない」とする人も17.4%いた。ニュースやバラエティ・コラム部分はともかく、交通情報や天気はチェックしないのだろうか……と一瞬考えたが、そういった情報はあるいはインターネット経由でチェックを入れているのかもしれない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー