いつでも最新情報と共に「24時間営業」なのが分かる看板

2011/01/11 05:17

看板【他の店が閉店すると宣伝できるマクドナルドのシャレた広告】【みるみる楽しくなるマクドナルドの広告たち】などにあるように、マクドナルドの多くの店舗で実施されている24時間営業は、それ自身か大きなセールスポイント。深夜帯に働く人にも気軽に足を運んでもらえるよう、【ちょっとオシャレなマクドのマッチ】などのように、その時間帯に働く人向けの販促活動も積極的。今回紹介するのは、シンプルで役に立ち、しかも24時間営業なのが「なるほど」とばかりに理解できる野外広告である(【The ADS of the World】)。

スポンサードリンク


↑ デジタル時計付きマクドナルドの看板
↑ デジタル時計付きマクドナルドの看板

これはアメリカで展開されたマクドナルドの野外看板広告。左側には24時間制のデジタル時計があり、右側にはマクドナルドのロゴマーク。時間の流れと共に当然デジタル時計内の時間も変化し現在の時刻を刻み続けるわけだが、周囲の文字は変わらない。つまり24時間いつでも「今は●時××分。マクドナルドは開店中ですよ」と表示し続けるわけだ。

時間は変われど「開店中-」の部分は変わらない。つまりマクドナルドは常に開店中であることを、この看板は示していることになる。万が一ぱっと見で分からない人のために、右側に「24時間ずっと(24 HOURS)」とそえてあるあたりもニヤリとさせられてしまう。

もちろん同時に、周囲に時刻を伝える有益なデジタル時計としても存在意義を持つ。その上時間を確かめるたびに右側のロゴマークも目に留まりため、「そういえば小腹が」「夕食作るの面倒だし久々に」といった感じで「購入動機の喚起」の効果も併せ持つ。

周囲に有益な情報を提供し、セールスポイントの24時間営業を十二分にアピールし、しかも時間を確認するという日常生活の習慣の際に自社商品購入の「気づき」を不特定多数の人にもたらし続ける。シンプルかつ極めてよく考えられた看板といえよう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー