幼稚園児数の推移などをグラフ化してみる(2016年)(最新)

2016/09/02 14:39

経済だけでなく社会文化をはじめ各方面に影響を与える社会現象として、昨今において特に注目されている少子化問題。さらに既婚女性の兼業問題も合わせ、乳幼児の幼稚園・保育所(園)への通園率・数の変移が大いに気になるところ。今回はその疑問を解消すべく、文部科学省のデータを基に、幼稚園児の動向を確認しておくことにした。

スポンサードリンク


データ取得元は文部科学省が毎年発表している【学校基本調査】。ただしその専用ページで掲載されている単年の調査結果は数年分しか収録されていないので、総務省統計局のデータベース【e-Stat】から「学校基本調査」をたどり、年次統計を選択。そこから各種必要なデータを選別し、逐次取得していく。

なお乳幼児の通園場所としては、今回取り上げる幼稚園以外に保育所(園)、そして最近登場した幼保連携型認定こども園が存在する。違いは裏付けとなる法令、対象年齢、就園時間など多様に渡る。詳細は【幼稚園と保育園(保育所)の違い(東京大学)】【幼稚園と保育園の違い(キッズ・インフォメーション・サービス)】【幼稚園と保育所の推移をグラフ化してみる】を参照のこと。ちなみに今件「学校基本調査」で幼稚園や幼保連携型認定こども園が記載されている一方で、保育園(所)のデータが掲載されていないのは、前者が教育施設であるのに対し、後者は児童福祉施設であるからに他ならない。

まずは幼稚園などの児数の推移とその前年比。

↑ 幼稚園などの在学者数推移(国公私立合計)
↑ 幼稚園などの在学者数推移(国公私立合計)

↑ 幼稚園などの在学者数推移(国公私立合計)(2001年度以降)
↑ 幼稚園などの在学者数推移(国公私立合計)(2001年度以降)

↑ 幼稚園などの在学者数推移(国公私立合計、前年度比)
↑ 幼稚園などの在学者数推移(国公私立合計、前年度比)

第二次ベビーブームが影響している1980年度前後が頂点になるが、それ以前は一様に上昇を見せている。第一次ベビーブームの影響が見えてこないが、これは後ほど述べるように就園率が上昇を続けているため。そして1978年度にピークを迎えたあとは10年ほど急激な減少を見せ、それ以降は漸減状態なのが確認できる。直近では約133万人で、ピーク時と比べると約117万人の減少。

2014年度から2015年度にかけて大きく幼稚園の在学者数が減っているが、これは同じタイミングで制度化された幼保連携型認定こども園へ、人だけでなく施設そのものも多分にシフトしたため。幼保連携型認定こども園は直近の2016年度でもさらに大きく増加しており、それに伴い幼稚園の在学者数は減少を続けている。

それでは第一次ベビーブームの影響をグラフから打ち消すほどの影響を見せた就園率の変移とは、いかほどのものだろうか。こちらは同じく「学校基本調査」の「幼稚園就園率」のデータから確認できる。「幼稚園就園率」は小学校及び義務教育学校第1学年児童数に対する幼稚園修了者数の比率を、「幼保連携型認定こども園就園率」は小学校及び義務教育学校第1学年児童数に対する幼保連携型認定こども園修了者数の比率を示している。小学校は義務教育で、原則全員就学と見なせるため、例えば幼稚園就園率=幼稚園児の修了時における、その年齢全員の子供に対する比率になる次第である。

↑ 幼稚園などの就園率就推移
↑ 幼稚園などの就園率就推移

↑ 幼稚園などの就園率就推移(2001年度以降)
↑ 幼稚園などの就園率就推移(2001年度以降)

幼稚園就園率はデータ計測開始の1948年度以降急上昇を続け(=幼稚園に通う子供の割合が増え)、幼稚園児数のピークとほぼ同じ1979-1981年度にピークの64.4%を迎える。以後は漸減し、直近の2016年度では48.8%。小学一年生を迎える子供の半数近くは、幼稚園に通っていたことになる。また、直近年度での幼保連携型認定こども園就園率は6.8%であることから、約15人に1人は幼保連携型認定こども園に通っていた計算となる。

気になるのは1990年度以降、幼稚園就園率がなだらかな減少傾向を見せていること。これは上記における2016年度の減退に関する解説、「幼稚園と保育所の推移をグラフ化してみる」や【幼児を持つ母親の兼業率4割、10年で保育園預かり率は増加へ】などで解説しているように、母親の兼業化の増加に加え、就労時間の長期化に伴い、「母親のパート・アルバイトが終わる時間まで預けてくれる保育園、そして最近では幼保連携型認定こども園を選択する世帯が増えている」のが原因である。

ともあれ、幼稚園児数は1978年度前後をピークとして漸減状態にある。そして現在では133万人近くが通園している(幼保連携型認定こども園を足すと172万人ほどとなる)。今後子供の数の減少に伴い、最大需要数は減退していくものの、保育園や幼保連携型認定こども園の需要は拡大を続けることが予想されるため、今件記事の取り扱い範囲に限れば幼稚園の園児数は減り、幼保連携型認定こども園のは増えていくことだろう。


■関連記事:
【保育園と幼稚園の利用度合いの変化…子育て支援利用の動向をグラフ化してみる】
【私立学校の学費は公立の2-5倍近く…幼稚園・小中高校までの年間学習費総額をグラフ化してみる】
【「自宅から近い場所に」…幼稚園・保育園に通わせるとしたら何を重視する?】
【幼稚園か保育園か…小学校に上がる前の子供の状況をグラフ化してみる】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー