パスタの市販ソース、一番人気は?

2011/01/04 06:59

パスタマイボイスコムは2010年11月25日、パスタソースに関する調査結果を発表した。それによると調査母体のうち、自宅でパスタ料理を食べる際に市販のパスタソースを使う人においては、一番好まれるのは「トマトソース」だった。過半数の人が好んで使うと答えている。次いで「ミートソース・ポロネーゼ」「カルボナーラ」が続く。和風ソースとしては「たらこ」がトップで約3割の支持率を集めている(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年11月1日から5日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1万1868人。男女比は46対54、年齢階層比は10代2%・20代12%・30代31%・40代32%・50代以上23%。

【「パスタ」や「そば」が対新型インフル備蓄食に向いている件について】【アメリカ流「冷凍食品などで食費を節約する」6つの方法】などで解説しているが、パスタは安価で日持ちのする保存食として非常に有効。そしてお財布事情が厳しい時にも、重宝する食材となる。最近では「安価でまとまった量を手早く簡単に作れ、しかもソースで多種多様な味わいを楽しめる料理・食材」として、スーパーやデパート、100均の食品売り場でも確固たるポジションを維持しているのが分かる。

調査母体においては自宅でパスタを食べる人は約9割。そしてそのうち2/3以上の人が市販のレトルトパスタソースを使うと回答している。

↑ パスタを自宅で食べる頻度
↑ パスタを自宅で食べる頻度(再録)

↑ 自宅でパスタ料理を食べる時、ソースはどのように準備するか(自宅で食べる人限定、複数回答)
↑ 自宅でパスタ料理を食べる時、ソースはどのように準備するか(自宅で食べる人限定、複数回答)(再録)

それでは自宅でパスタを食べる際に、レトルトや缶詰、びん詰を合わせ、市販のパスタソースを使う人は、どのような「種類」のパスタソースを使うだろうか。トマトソースやミートソースが一般的なものとしてイメージされるものの、最近はたらこや明太子などの和風ソースも人気が高いが……。

↑ 好んで利用するのはどのようなタイプのソースか(市販のパスタソースを使う人、10%以上回答)
↑ 好んで利用するのはどのようなタイプのソースか(市販のパスタソースを使う人、10%以上回答)

一番オーソドックスといえるトマトソースが過半数で第一位。それからやや下がるものの、ミートソースが第二位となった。当然といえばそれまでの話だが、一番メジャーな「トマトソース」と「ミートソース」では前者の方が優勢という結果は、納得する人も多いだろう。

山盛りパスタ一方、トマトソースやミートソースと並びメジャーどころではあるものの、知名度ではやや下の「カルボナーラ」が、選択されるソースとしても第三位に。たまごの好き嫌いで票を逃している分があるのかもしれない(もっともカルボナーラに卵を使うのが一般化したのは第二次世界大戦後の話で、昔ながらのものではないとのことだ)。

和風ソースの一番人気としては「たらこ」。わずかな差で後に次ぐのが「明太子」。やや下がって「和風きのこ」と続く。資料ではコメント部分で「カルボナーラ」「たらこ」は女性の若年層ほど多い傾向とする言及もあり、興味深い話でもある。

なお10%未満の回答項目には「サーモンクリーム」「ボンゴレ」「イカすみ」など、知名度なら上位陣のソースに勝るとも劣らないものがいくつも確認できる。とはいえ好き嫌いという観点になると、やはりオーソドックスでベーシックな「トマトソース」「ミートソース」「カルボナーラ」を選んでしまうのだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー