「名は体を表す」な建物たち

2010/11/29 07:17

ブルドーザー商店や公共サービスを提供する施設にとって、多くの人に自分自身の存在と取扱い商品・サービスを知ってもらうのは、非常に重要なポイントとなる。テレビや新聞、インターネットなど他の媒体でその場所を確認した上で足を運んでもらう、あるいは過去に訪れたことがある場所で再訪するのなら良いが、まだ一度も訪れたことが無い「一見さん」に認知してもらうためには、大きな看板をはじめとして「遠目でも分かるアピールポイント」が欠かせない。今回紹介するのは【アメリカの面白ユカイな建物大集合】にもあるような、遠くからでもその店・場所が何を提供しているのかがひと目で分かる、いわば建物自身が宣伝塔・看板の役割を果たしている、面白ユカイな建物たちである(【mental_floss】)。

スポンサードリンク


↑ 大きなバスケット。どれだけのモノが入るのだろうか
↑ 大きなバスケット。どれだけのモノが入るのだろうか

これはバスケットで有名なLongaberger社の7階建ての本社ビル。寄るになるとこのすき間部分から灯りがともり、神秘的なビジュアルが展開されるとのこと。

↑ 辞典がずらりと並ぶ図書館の駐車場
↑ 辞典がずらりと並ぶ図書館の駐車場

通常は景観を乱すとして嫌われがちな立体駐車場だが、これなら周囲からも好意的に見られるに違いない、図書館の駐車場。カンザスシティの図書館の駐車場で、本のタイトルには「指輪物語」や「透明人間」などの名著の名前が。

↑ コーンタイプのアイスクリーム……を売っているお店だとひと目で分かる
↑ コーンタイプのアイスクリーム……を売っているお店だとひと目で分かる

アイスクリームのフランチャイズ店Twistee Treat社のアイスクリーム店舗の様子。大本の会社は1983年に設立されたが、何度か破産や買収を経験しており、今は他社などが転用しているのを所々で見かける程度。今回の写真はバニラだが、他にもストロベリーやチョコレートがけバージョンなどを確認できる(【Fantastic Food】)。

↑ 巨大ブルドーザーなビル……なのか?
↑ 巨大ブルドーザーなビル……なのか?

カリフォルニア州にある重機販売・レンタル会社のUnited Equipment社のオフィス。今回紹介した他の建物と違い、少々小さめではあるが、れっきとした事務所用建物として用いられている。【RoadsideAmerica.com】に詳細があるが、これは2階建てで高さ6.4メートル、全長20メートルほどの大きさをしているとのこと。

↑ Google Mapで該当部分を確認。いかに大きいかが改めて分かる。
↑ Google Mapで該当部分を確認。いかに大きいかが改めて分かる。【該当部分はこちら】

なお冒頭でも触れたように、これらの建物は「遠くからでも一目瞭然」が特徴に他ならず、Googleマップのストリートビューでも見つけることができる。


大きな地図で見る
↑ Longabergerのバスケットを確認


大きな地図で見る
↑ カンザスシティ図書館の駐車場も発見

非常に興味深く、感慨深いものがある。今回紹介した他の建物についてもチェックを入れてみよう。きっと楽しい体験ができるに違いない。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー