食べたい変わり鍋、トップは?

2010/11/24 06:37

チーズ鍋マクロミルは2010年11月18日、冬の食卓に関する調査結果を発表した。それによると調査母体において「この冬に食べてみたい変わり種鍋」としてもっとも多くの人が挙げた鍋は「チーズ鍋」だった。ほぼ同数で以前【既婚女性が欲しい調理器具、圧力鍋・ホームベーカリー、そして意外な……】で調理機器として挙げた「タジン鍋」がついている(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年11月17日から18日にかけてインターネット経由で20歳以上の既婚男女に対して行われたもので、有効回答数は500人。男女比は1対1、年齢階層比は20代・30代・40代・50歳以上で均等割り当て。

寒さが厳しくなってくると、鍋料理が恋しくなるもの。今調査母体でも「冬の一家団らん」をイメージするメニューとして75.6%もの人が「お鍋」をあげている。今調査母体では「寄せ鍋」が一番人気の鍋で、4割強の人が定番の鍋として挙げていた。

↑ 自分の家庭で最近定番の鍋料理は(複数回答、上位10位のみ)
↑ 自分の家庭で最近定番の鍋料理は(複数回答、上位10位のみ)(再録)

そこでこれら(それぞれの家庭において)定番としてい鍋とは別に、「この冬に食べてみたい変わり種鍋」について聞いた結果がこちらのグラフ。材料単体ではイメージが沸くが、鍋になった状態は想像しにくい、というものが並んでいる。

↑ この冬に食べてみたい「変わり種鍋」は(複数回答)
↑ この冬に食べてみたい「変わり種鍋」は(複数回答)

冒頭でも触れたが第二位の「タジン鍋」とは、右のアマゾンのブログパーツ(『有田焼 タジン鍋 21cm(耐熱セラミックプレート) 黄唐草』)にもあるように、鍋の上にとんがり帽子のような三角錐(すい)のフタがついた調理器具。北アフリカ地域の鍋料理・調理用鍋で、お肉と香辛料をかけた野菜を煮込む・蒸すために使う。料理のシンプルさだけでなく、比較的気軽に蒸し料理が出来るところが好まれているのだろう。

また最初のグラフと比べると、「変わり種鍋」として挙げられている鍋のいくつかは、すでに定番鍋の上位に収まっているのが確認できる。具体的には「カレー鍋」が該当する。今回は掲載を略するが、「最近頻度が増えてきた新・定番の鍋料理(上位10位)」とのマッチングでは「トマト鍋」がそれに加わることになる。各家庭によって浸透度に差はあるものの、この2種類は今まさに「変わり種」から「定番」へと歩みを続けている鍋と考えることができよう。



今回挙げた鍋料理の少なからずにおいて「聞いたことはあるが食べたことはない」「作ってみたいけど作り方が分からない」という人も多いだろう。昨今は便利なもので、インターネット上で検索すればレシピは山ほど確認できる。さらに最近ではYouTubeなどの動画で、料理番組を見るかのように調理方法を確かめることができる。

鍋料理の多くは材料費もさほどかからないし、多少のミスなどカバーできる柔軟性を持っている。寒さが厳しい日には、ちょっと変わった鍋料理にチャレンジしてみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー