肉じゃが首位陥落!? 「男性が喜びそうな手料理は?」

2010/11/13 06:31

肉じゃが検索エンジンgooにおいて実施されていた【男性が喜びそうな手料理は?】の結果発表が行われ、第一位には「ハンバーグ」がついた。手料理の中でも男性が好きとする定番料理は「肉じゃが」だったが、その「肉じゃが」は次点に留まっている。昨今の食事情は少しずつ変化を見せているようだ。

スポンサードリンク


goo ランキング
男性が喜びそうな手料理は?
1ハンバーグ
2肉じゃが
3カレーライス
4豚肉生姜焼き
5唐揚げ
6位以降を見る
(C) NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.
今調査は2010年9月23日から10月7日、NTTドコモ「みんなの投票&ランキング」によって行われたもの。有効回答数は2万3998人。男女比・年齢階層比は非公開。

「男性のハートを射止める料理は手作りの肉じゃが」というのが定番。嫌いな人があまりおらず、【主婦がよく作る料理、カレー、煮物、肉じゃが、そしてトップには!?】【「おふくろの味」男はみそ汁、女は煮物】などにあるように、配偶者や母親を連想させるところが大きい。また、シンプルながらも美味しく作るのにはそれなりの料理テクニックが必要なために料理の腕前を推し量れるとか、小さい時から何度となく食べてきて、食べ慣れたというのもある。

しかし今回のランキングでは、その定番「肉じゃが」を抑えてトップについたのは「ハンバーグ」だった。元資料の説明にいわく「比較的作りやすく見栄えが良い」「作っている姿がいい」という意見が多数寄せられていたとのこと。「ハンバーグも肉じゃがも作る姿にさほど違いはあるまいて」というツッコミはともかく、「比較的作りやすく見栄えが良い」というのはなるほど納得もいく。さらに加えれば、食生活・食文化の変移で、和風の「肉じゃが」よりも西洋風「ハンバーグ」の方が手軽な料理中でもご馳走に見えるようになった、ということなのだろう。その証拠に第三位以降も西洋風で「手身近なご馳走」系料理が続く。先の「おふくろの味」の男性トップだった「みそ汁」も、ここでは7位に留まっている。

凝った料理では無いけれど、インスタントやそれる類する手間では無く、作り手の顔が見えてくる料理ならば、男性は大抵喜んでくれるはず。しかしながら、できれば元々の好物による「喜び補正」を受けた上で食べてもらい、さらなる好印象を持ってもらいたい(いくら彼女の手料理でも大嫌いなものを差し出されたら、色々と複雑な気分になるに違いない)。逆に考えればあらかじめお互いに自分の好き嫌いを語り合っておくことが、悲劇を避ける要因になり、互いの笑顔をより楽しめることになるといえよう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー