スマートフォンアプリ開発に興味があるエンジニアは7割超

2010/11/05 07:15

フロチャート作りアイティメディアは2010年11月4日、ITエンジニアを対象としたスマートフォン・ソーシャルメディア向けアプリの開発に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、7割以上がスマートフォン・ソーシャルメディア向けアプリの開発に関心を抱いていることが分かった。しかし現在開発している人はスマートフォンでは1割強、ソーシャルアプリでは数%に過ぎない結果も出ている(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年9月9日から29日にかけてシステム開発業務に携わっている@IT(ITエンジニア向けのウェブサイト)読者に対して、インターネット経由で行われたもので、有効回答数は438件。男女比・年齢階層比などは非公開。

リリースによれば調査母体において、スマートフォン向けのアプリ(アプリケーションソフト)の開発に興味がある人は72.8%、ソーシャルメディア向けのアプリに興味がある人は29.0%に達していた。

↑ スマートフォン・ソーシャルアプリの開発について(複数回答)
↑ スマートフォン・ソーシャルアプリの開発について(複数回答)

現在の開発状況、今後の開発への興味共にスマートフォンの方が人気が高いが、それでもソーシャルアプリに対しても3割近い人が興味を抱いている。開発者の興味関心は作業モチベーション、さらには創生物の質にも大きな影響を与え得るので、重要な要素には違いない。

注目すべきは具体的なソーシャルアプリへの開発中・関心度の違い(スマートフォンアプリは大方の予想通り、iPhone・iPad・アンドロイドが横並び。通常のケータイ向けのはスマートフォンのと比べて半分-1/3程度に留まっている)。

↑ ソーシャルアプリの開発について
↑ ソーシャルアプリの開発について

現行の開発状況がmixiですら1.8%、その他は1%にも満たないとお寒い限りだが、興味があるとなると1割強が確認できる。各ソーシャルメディア別で見ると、mixiがトップにあるのは当然として、次が国内3大ソーシャルメディアの残りGREE・モバゲータウンではなく、Facebook向けとなっているのが興味深い。開発サイドから見て、Facebookの国際性、利用者総数、利用プラットフォームの違いが開発魂をくすぐられるのだろうか。

今件はあくまでも調査母体の多数がITエンジニアで、企業の意思決定に重要な影響を及ぼす経営陣に対するアンケートでは無い。そのため、これらの意向がそのまま各企業の開発情勢・今後の展開動向と結びつくとは限らない。しかし「現場」の声を多分に聴きいれる・参考にする企業も少なくなく、また、現場だからこそスマートフォンも含めたモバイル系情報端末やソーシャルアプリの市場現状・今後の可能性への「聴き耳」が鋭いことを考えれば、今件結果は十分以上の参考資料として役立つに違いない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー