主要テレビ局の複数年に渡る視聴率推移をグラフ化してみる(補足編)

2010/11/03 12:00

先に【主要テレビ局の複数年に渡る視聴率推移をグラフ化してみる】でTBSホールディングスの決算短信補足資料などを元にして主要テレビ局の視聴率推移をグラフ化した。その後グラフについて「ゴールデンタイムだけでなくプライムタイムについてのものも見てみたい」というリクエストをいくつかいただいている。ゴールデンタイムもプライムタイムも、そして全日も、形状的にはあまり違いは無く、細かな部分でしか言及できないので、前回では省略したに過ぎない。せっかくデータは入力してあるし、リクエストもいただいたので、今回は先の記事の補足編ということで生成することにした。

スポンサードリンク


テレビ視聴率は日本国内では、現在はビデオリサーチ社のみが計測を行っている。しかしビデオリサーチ社ではデータの大部分は非公開で、同社公式サイトに掲載中のデータにおいても分析も含め利用は不可とされている。そこで主要テレビ局の中から、今回は【TBSホールディングスの決算説明会資料】の公開されているものを全部チェックしなおし、そこに「決算説明会の補足資料として」掲載されている主要局の視聴率を抽出し打ち直しを実施。そして生成したのが前回と、今回のグラフという次第。

さて、前回の記事では年度ベースと第一四半期ベースの双方についてグラフ化したわけだが、今回は「一番最近に近いデータを」ということで、第1四半期のものを創ることにする。

↑ 主要局視聴率推移(ゴールデンタイム、各年度第1四半期ベース)
↑ 主要局視聴率推移(ゴールデンタイム、各年度第1四半期ベース)(×印はデータを確認できず)(再録)

これが前回の「第1四半期のゴールデンタイム(19時-22時)」の視聴率推移。続いて生成するのは「プライムタイム」。時間帯にして19時-23時が相当する。ゴールデンタイムよりも深夜に向けて1時間枠が長い。またテレビ欄を見れば分かるように、この時間帯は花形番組がずらりと並び、紹介面積も広い。この時間帯の番組の勢いが、そのままテレビ局の勢いを示すバロメーターともいえる。

↑ 主要局視聴率推移(プライムタイム、各年度第1四半期ベース)(×印はデータを確認できず)
↑ 主要局視聴率推移(プライムタイム、各年度第1四半期ベース)(×印はデータを確認できず)

穴あきだらけで推測が難しいNHKを除くと、テレビ朝日が何とか持ちこたえているが、他局は押し並べて減少傾向、特にTBSとテレビ東京の下落ぶりが著しいのが確認できる。ただし、「日本テレビは減少ぶりがゆるやか」「TBSは直近では昨年と比べて下落が押し留まっている」「テレビ東京は下落が止まらず」など細かい部分が目に留まる。

続いて全日。これは6時-24時を意味する。局によっては午前6時以前から放送しているところもあるが、大体一日すべての放送と見なしてよいだろう。ゴールデン・プライムタイム以外の時間帯の放送の視聴動向も反映されるため、ローカル番組やお昼のワイドショー、朝のトークバラエティ、NHKなら連続テレビ小説なども大きな影響を与えることになる。

↑ 主要局視聴率推移(全日、各年度第1四半期ベース)(×印はデータを確認できず)
↑ 主要局視聴率推移(全日、各年度第1四半期ベース)(×印はデータを確認できず)

大まかな傾向はゴールデン・プライムと変わりなし。ただ、テレビ朝日の直近がやや下げ気味、TBSが直近ではわずかに盛り返しているのが確認できる。前者はお昼時間帯の番組の低迷、後者は再放送番組の堅調さによるところだろうか(とはいうものの、キー局中4位のポジションに変化はないのだが)。また、各局それぞれの動向ではなく、局同士の比較で見ると、ゴールデン・プライムと比べてテレビ東京の劣勢が大きなものとなっている。これは夜の注力時間帯以外、つまり朝から夕方にかけての番組編成において、テレビ東京が劣勢に立たされていることを意味する。



【TBSホールディングスの2Q決算短信が出たけれど】でも触れているのだが、11月2日にTBSホールディングスの第2四半期決算とその決算補足資料が出たものの、その資料に視聴率動向のページが見当たらない(【該当リリース、PDF】)。意図的なのかミスなのか、前者ならなぜなのか、首を傾げるばかりである。

同日発表されたテレビ朝日の短信資料では7月分のデータが掲載されている。代替案としてこれをグラフ生成しておこう。

↑ 主要局7月期プライムタイム視聴率
↑ 主要局7月期プライムタイム視聴率

今月半ばまでにはフジメディアホールディングスの第2四半期決算短信および補足資料が出る。そこにはもう少し新しいタイミングでの直近視聴率データが掲載されるはずなので、それが公開され次第、補足精査を行うことにしよう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー