朝マック、一番の人気メニューはあの定番マフィン

2010/10/29 19:30

マクドナルドORIMOは2010年10月28日、マクドナルドの早朝時間サービス「朝マック」に関する調査結果を発表した。それによると調査母体のうち「朝マック」を利用したい人においては、これまで食べたメニュー・今後とも食べたいメニュー共に、「ソーセージエッグマフィン」がトップについた。食べたことがあるメニューでは「エッグマックマフィン」が次点だが、今後食べたいメニューでは「マックグリドル・ソーセージ&エッグチーズ」が次点という結果が出ている。

スポンサードリンク


今調査は2010年10月12日から21日にかけて、携帯電話を利用したインターネット経由で20-50代の男女に対して行われたもので、有効回答数は1536人。そのうち「朝マック」を利用したいと回答した926人に対し、これまでに食べたことがあるメニューと今後食べてみたいメニューを複数回答で聞いたのが次のグラフ。利用経験では「ソーセージエッグマフィン」がトップで55.2%、今後の利用意向でも同じく「ソーセージエッグマフィン」が46.3%でトップについた。

↑ 朝マックの利用経験と今後の利用意向(複数回答)
↑ 朝マックの利用経験と今後の利用意向(複数回答)

「ソーセージエッグマフィン」の詳細を公式サイトで確認すると、

焼きたてのイングリッシュマフィンに香る、ほのかなバターの風味。厳しく品質管理されたソーセージパティは、かみしめるほどにジューシー&スパイシー。タマゴのしっとりした白身と柔らかな黄身は、まろやかでクリーミーなチーズと絶妙のハーモニー。その姿、その香り、その味わい、すべてが目覚めたばかりの五感を心地良くくすぐります。アクティブな一日のスタートにピッタリのメニューです。

「ソーセージエッグマフィン」と、食品に対する描写の点で見習いたいような表現。「朝マック」のメインメニューである「サンドイッチ」の中でも、「ソーセージエッグマフィン」は量が少なからず多からず、シンプルでいてちょっぴり贅沢な、そしてオーソドックスなものとして定番中の定番となっている。これまで、そしてこれからも利用したいという意見が多いのも当然のお話。

第二位は「これまで利用した経験」では「エッグマックマフィン」だが、「今後の利用意向」では「マックグリドル・ソーセージ&エッグチーズ」がついている。第三位がそれぞれ「ホットーケーキ」「マックホットドッククラシック」であるところを見ると、トップの「ソーセージエッグマフィン」は別格にしても、それ以外では「これまでに食べたことの無い、新しいメニューにチャレンジしてみたい」という意向が見え隠れしている。

ちなみに「朝マック」こと【ブレックファストメニュー】で確認すると、現時点でメインメニューはトップの「エッグマックマフィン」をはじめ全部で11種類。

↑ 「朝マック」のメインメニュー
↑ 「朝マック」のメインメニュー

ホットドッグ、フィレオフィッシュ、ホットケーキをのぞけばマフィン系で占められているのが再確認できる。朝メニューだけ用意されるマフィンたちの方が、昼間の通常メニューより好きな人も少なくあるまい。



【朝食は自宅が一番、外食店では喫茶店や飲食店よりも…】で触れているが、自宅や学校、職場と比べれば少数派だが、喫茶店などに比べて多くの人が、「朝マック」をはじめとするファストフードの朝食メニューを利用しているという調査結果もある。少しずつ種類も増えてきた「朝マック」、今度利用する機会がある際には、今回の結果を思い返し、いつもとは違ったメニューを頼んでみるのも良いかもしれない。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー