ゲームソフトランキング更新、『スーパーマリオコレクション スペシャルパック』が大躍進

2010/11/01 06:42

メディアクリエイトが発表した2010年10月18日-10月24日の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、今回計測週のトップの座についたのは、名前の通り過去の名作を移植し、さらに特典まで付けて安価で提供する記念品的なソフト『スーパーマリオコレクション スペシャルパック』だった。25周年記念ということて、初期のマリオタイトルがまとめて遊べる『スーパーマリオコレクション』を移植。さらに25年分の各種資料を揃えた「スーパーマリオヒストリー」、その上『スーパーマリオ』シリーズのゲーム音楽を収録したCDまでついている。ファンによっては最後のCDだけでも全体の価格分の価値があるとする人も。ただ、購入者の中には期待が大きすぎた人もいるようだ。

スポンサードリンク


第二位はトップに押し出される形となった『ポケットモンスター ブラック』と『ポケットモンスター ホワイト』。発売初週からずっとトップを維持していたが、今回初めて第二位以下の位置を占めることに。しかし今週単週でもセールスは2種類あわせて10万本近くを示しているのだから恐れ入る。

第三位は人気マンガ・アニメを原作としたドラマ体験型アクション(シネマアクション)『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム2(PS3)』がランクイン。「NARUTO-ナルト- 疾風伝」の最初から最新エピソードまでを収録したアクションゲームで、2D背景のアニメ風景に、3Dで描写されたナルト達が動き回り、バトルを繰り広げる。画面の見た目のよだけでなく、プレイ感覚が純粋に楽しいという意見が多く、期待以上の出来栄えに満足する意見が多い。

第四位は『VANQUISH(PS3)』が。『バイオハザード』シリーズなどで名高いクリエイター三上真司氏によるアクションシューティング。戦闘スーツを着込んだ主人公を操り、スペースコロニーの奪還を目指すというストーリー。多種多様な兵装や鬼のような敵の弾幕は、かつてのシューティングゲーム全盛期における派手な「弾の投げ合い」をほうふつとさせる。初週ということもあり、賛否は両論。ドンパチ好きな人は好印象、かも。


今回計測週は『ポケットモンスター ブラック』と『ポケットモンスター ホワイト』が第二位にスライドするほどの売れ行きを見せた『スーパーマリオコレクション スペシャルパック』がやはり目立った形となった。ただし今作品はあくまでも記念タイトルなので、次週以降も継続的に大きなセールスをあげられるか否かは判断が難しい。一方次週はマニア系ロボット構築ゲームをはじめ、多種多様なジャンルの注目タイトルが相次いで登場するため、混戦が予想される。果たして上位につくのはどのタイトルか。気になるところだ。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー