「汚職清廉度」トップはデンマーク・ニュージーランド・シンガポール、日本は17位

2010/10/27 06:47

汚職諸外国の汚職状況を監視、数値化しているNGOのTransparency Internationalは2010年10月26日、【2010年版の汚職指数(CPI、Corruption Perceptions Index)】を発表した。それによると日本は178か国中汚職度の低さは17番目となった。トップはデンマーク・ニュージーランド・シンガポールが同列で並び、最下位(もっとも腐敗・汚職が浸透している)はソマリアとなっている(【参照ページ:guardian.co.uk】)。

スポンサードリンク


今データCPIは世界銀行やエコノミストインテリジェンスユニット(イギリスの経済週刊誌団体)、世界経済フォーラムなど10の独立機関や新興国の専門家、各方面のビジネスのオピニオンリーダーなどが収集したデータに基づき、政治家部門・公務員部門の汚職度・清廉度を10点満点で評価するもの。得点が高いほど清廉で、低いほど汚職に満ちあふれている状況と判断される。傾向としては紛争が絶えない地域は情勢が不安定となるため、CPI値も下がる傾向にある。

上位50位のランキングは次の通り。

↑ 世界地図による展開。公式サイトより
↑ 世界地図による展開。公式サイトより

↑ 上位50位(つまりCPIによる清廉度上位50位)の国
↑ 上位50位(つまりCPIによる清廉度上位50位)の国

冒頭でも触れたように、トップはデンマーク・ニュージーランド・シンガポール。これらの国は毎年のデータでいずれも高い値を維持している。また、下位層はソマリア、ミャンマー、アフガニスタン、イラク、ウズベキスタンなど、特に経済面で情勢不安定、あるいは内戦状態にある国が多数を占めている(ただしロシアが154位とかなり低い位置にあるのが目立つ)。

腐敗なおこれらの数字はあくまでも参考値の一つで、複数の評価判断を掛け合わせて作られた一つの指標でしか無い。十分以上に参考になる値であると共に、絶対的な権威を持つものでないことも考慮しておく必要がある。また、あくまでも政治家・公務員のシステム的な汚職や清廉度を示すものであり、個々の国の治世の良さ・適切さや、政治家が自身の所属する国のための治世をしているか否か、政治家自身の能力までもは反映されていないことにも注意しなければならない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー