「品質は太鼓判です」と自信120%なのが分かる広告

2010/10/26 07:06

履歴書……?食品を取り扱う企業は当然のことながら、自社商品の品質管理を厳重に行うもの。そして高い品質の維持そのものを商品、さらには企業のセールスポイントとするところも多い。今回紹介するマクドナルドの広告も、展開先の問題点を受け止め逆に利用する形で表現した、主力商品の材料となる食材をいかに厳選しているかが「なるほど」とぱっと見で分かる、比喩的表現で展開されたものである(I believe in Advertising)。

スポンサードリンク


↑ 「鶏肉」の履歴書
↑ 「鶏肉」の履歴書

これはアラブ首長国連で展開されたマクドナルドのポスター。冒頭にあるように、自社商品の素材となる鶏肉が、いかに厳選されたものであるかをアピールしている。恐らくは管理職クラスの机の上に載っているのは、一枚のトレー。そのトレーが履歴書となっていて、鶏肉のプロフィールが描かれている。

写真付き履歴書いわく、100%純正の鶏肉でHalal(イスラム法で食べることを許された食材)で生まれは農家。「私自身について」の項目では「純正で法的にも問題の無い鶏肉の胸の部分です。トウモロコシをエサにして育ちました。農家生まれで農家育ち。そしてここまで来たのです」などなど、素材の鶏肉について、履歴書風の書き方で懇切ていねいな説明が。そして「トレーな履歴書」の右下には「HIRED(採用)」のハンコが。これだけ素性が立派でしっかりしているのなら、採用しても問題ないとの判断が下されたことを意味している。

ポスターが展開された地域ではとりわけ、原材料について神経を使うところがある。そこでそれをデメリットとしてではなくメリットとしてとらえ、厳正な審査を行い、問題が無いだけでなく素晴らしい素材を選び、商品を創っていますよとのアピールにつなげているわけだ。単なる紙の履歴書では無く、鶏肉が収められているトレーを履歴書にしているあたりもシャレが効いている。

元記事にはマクドナルドが同時期に展開したレタス、ジャガイモ、トマト、牛肉についてのポスターも紹介している。一番分かりやすいジャガイモの事例を下に紹介しておこう。

↑ 「ジャガイモ」の履歴書
↑ 「ジャガイモ」の履歴書

こちらはジャガイモの履歴書で、その素材はジャガイモを入れる段ボール箱の段ボールとなっている。注意深く掘られた正真正銘の完璧なジャガイモで、生まれた農家から一直線でやってきた云々と、書かれていることは鶏肉とさほど変わりない。また、繰り返しHalalであることを主張し、間接的に消費者の心配を不安を取り除く役割を果たしている。

冒頭でも触れたが、展開先の特殊事情を逆に好機ととらえ、それをアピールの素材&セールスポイントとするあたりは非常に巧みなアイディアに違いない。願わくばこのような発想法を学び取りたいものだ。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー