一番興味のある占い結果は「総合運」、では次は?

2010/10/21 19:35

金運ネットエイジアは2010年10月19日、携帯占いサイトとパワースポットに関する調査結果を発表した。それによると調査母体(全員女性)においては、もっとも気になる占いの対象運は「総合運」だった。それをのぞく個別運としては「金運」が最多回答数となり、「恋愛運」「健康運」が続いている。年齢階層別にみると、異性(今件では男性)絡みの運は若年層が強い関心を抱いているように見える(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年9月12日から15日にかけて関東地方一都六県に在住で15歳以上の女性に対して携帯電話を用いたインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1133人。年齢階層比は10代76人・20代298人・30代347人・40代323人・50歳以上89人。

新聞や雑誌などでもよく見かける占い。インターネット上でも非常にまじめで真剣なものから、半ば遊びの一分野としてまで、多数のサイトで各種サービスが提供されている。今件では調査対象が全員女性だが、彼女らの中で「占いを気にする」人に限定し、もっとも気になる占いの結果項目は何だろうか……ということで聞いた答えが次のグラフ。「総合運」とはある意味合理的ともいえよう。

<br>
↑ あなたは雑誌やテレビ、ポータルサイトなどの「占い」の結果をどのくらい気にしますか
↑ あなたは雑誌やテレビ、ポータルサイトなどの「占い」の結果をどのくらい気にしますか(再録)

<br>
↑ あなたが気にする、興味のある占い結果・運気であてはまるものをお選びください(複数回答、占い結果を気にする・どちらかというと気にするとした回答者のみ)
↑ あなたが気にする、興味のある占い結果・運気であてはまるものをお選びください(複数回答、占い結果を気にする・どちらかというと気にするとした回答者のみ)

「総合運」とは色々な物事をすべてまとめた運であり、一つだけを聞くならこれが一番無難な線。ただし例えば「どんな日本料理が好き?」と聞かれて「日本料理は全部好き」と答えるようなもので、少々インチキくさい。そこで個別項目に限ってみると、「金運」の77.4%がトップになる。第二位の「恋愛運」を20ポイントほども引き離しているところを見ると、幅広い年齢層で「金運」のニーズがあることがうかがい知れる。言葉通り「現金な」お話。

続いてやや下がると「恋愛運」「健康運」「仕事運」がほぼ横並び。女性全体で見ると、この3項目が「金運」に続いて興味がある、言い換えれば普段気になる項目であるのが分かる。

年齢階層別では……
これを年齢階層別で見たのが次のグラフ。なお50代は母体数が47人しかいないので省略、15-17歳も50人なので一応掲載はしたが、参考値程度のものとして見てほしい。

<br>
↑ あなたが気にする、興味のある占い結果・運気であてはまるものをお選びください(複数回答、占い結果を気にする・どちらかというと気にするとした回答者のみ)(年齢階層別)
↑ あなたが気にする、興味のある占い結果・運気であてはまるものをお選びください(複数回答、占い結果を気にする・どちらかというと気にするとした回答者のみ)(年齢階層別)

他項目に比べて回答率が高かった「総合運」「金運」は各年齢層で圧倒的な支持を集めているのが分かる。あとは、それぞれの年齢の特徴が良く出ていて、例えば10-20代は「恋愛運」はもちろんのこと「出会い」「結婚運」など異性絡みの運を知りたい・気になる人が非常に多い。逆に30代以降になるとこれら周りの興味は急速に薄れ、健康運などが上昇を見せ始める。

また、値としてはさほど高くはないが、「総合運」「金運」同様に全年齢層で同じくらいの値が出ているのが「対人関係」。人同士の付き合いは難しい。運に任せたい、運に後押しされたいという想いが強いのは、どの年齢でも変わらず、ということなのだろう。

奇妙なセミナーの受け売りと誤解されるかもしれないが、運はやってくるものであると同時に呼び込むものでもある。占いで良い結果が出たらそれを強く信じ、悪い結果が出たらそれを吹き飛ばして覆すくらいの気概で物事に望もう。まずはポジティブに考えることこそが大切だ。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー