テレビの見過ぎは体力低下に…?! テレビ視聴時間と体力テストの平均点との関係をグラフ化してみる

2010/10/17 06:50

子供とテレビ文部科学省が2010年10月10日に同省公式サイトで発表した「平成21年度体力・運動能力調査の結果」によると、「日常的な運動をしている人はそうでない人に比べ、体力の減退率が低い」こと、つまり「日常的な運動をしている人は体力の面で若さを維持しやすい」という統計データが出たことが明らかになった(【日常的な運動は10歳単位で体力差を生みだす…運動頻度と体力テストの平均点との関係をグラフ化してみる】参照のこと)。今回は発表された統計データで「概要」で解説がなされかった項目の中から、「1日のテレビ視聴時間と体力テストの合計平均点との関係」についてグラフ化してみることにした。

スポンサードリンク


今データは「平成21年度体力・運動能力調査」のうち、具体的データを収録した総務省統計局の【e-Stat】から取得したデータを精査したもの。具体的には「11.1日のテレビ視聴別体格測定・テストの結果」から該当年齢区分のデータにおいて、体力テストの「合計点」における平均値部分を抽出していく。なお、得点基準は男女毎、6-11歳・12-19歳・20-64歳・65-79歳によって異なることに加え、今項目では6-19歳までのデータしか存在していないので、6-11歳と12-19歳のそれぞれについてグラフ化を試みることにする。

日頃の1日あたりのテレビ視聴時間について「1時間未満」「1時間-2時間未満」「2時間-3時間未満」「3時間以上」の四区分に分類した上で、それぞれの属性における体力テストの合計平均値の推移を集計、グラフ化したのが次の図。まずは6-11歳について。

↑ 年齢段階別、1日のテレビ視聴時間と体力テスト合計平均点の相対的比較(男子)(6-11歳)
↑ 年齢段階別、1日のテレビ視聴時間と体力テスト合計平均点の相対的比較(男子)(6-11歳)

↑ 年齢段階別、1日のテレビ視聴時間と体力テスト合計平均点の相対的比較(女子)(6-11歳)
↑ 年齢段階別、1日のテレビ視聴時間と体力テスト合計平均点の相対的比較(女子)(6-11歳)

育ち盛り、伸び盛りな年頃ということもあり、テレビの視聴時間と体力テストの平均点との間にはほとんど関連性が無いのが確認できる。

違いが見えてくるのは12歳以降の、次のグラフ。上の11歳までのグラフとは得点基準が異なることに注意してほしい。

↑ 年齢段階別、1日のテレビ視聴時間と体力テスト合計平均点の相対的比較(男子)(12-19歳)
↑ 年齢段階別、1日のテレビ視聴時間と体力テスト合計平均点の相対的比較(男子)(12-19歳)

↑ 年齢段階別、1日のテレビ視聴時間と体力テスト合計平均点の相対的比較(男子)(12-19歳)
↑ 年齢段階別、1日のテレビ視聴時間と体力テスト合計平均点の相対的比較(男子)(12-19歳)

もちろんテレビの視聴時間の長さが直接因果関係として体力テストの点数減退に影響を与えているとは考えにくい。テレビから発せられる電磁波が体力をすり減らしたり、テレビの番組が「運動しない方がいいヨ」と暗示を与えているわけではないからだ(笑)。

子供とテレビ今データで分かるのは、あくまでも相関関係。その視点で考えると、【中学生のテレビ平均視聴時間は2時間47分、女子の方が10分長いヨ】【「平日でも一日2時間強」子どもにとってテレビは大切な娯楽】などでも触れているが、この年頃になると帰宅時間は遅くなり、宿題や塾など学校以外の勉学に割く時間も増えてくる。それでもテレビは観たいということで、睡眠時間を削ってまでテレビ視聴に当てる状況が増える(最近では携帯電話の利用時間が時間不足に拍車をかける……もっとも「ながら視聴」が多分を占めるので、あまり時間の浸食はないようだが)。結果として、睡眠不足や運動にあてる時間の減退によって、体力に陰りが生じ、「テレビ視聴時間が長い人ほど体力テストの平均点が低い」という状態が導き出される……と考えれば納得もいく。

また、男女別にみると、女性の方が早熟ということもあり13-14歳でほぼ体力テストの数字が横ばいになるに対し、男性は15-16歳まで数字が伸び続ける傾向を見せているのも興味深い。ただしこれはテレビ視聴とはあまり関係のない話なので、ここでは言及はこの程度にしておく。

ともあれ12歳以降においては、体力の点に限って見れば、テレビを見るのはほどほどにしておいた方が良いかもしれない。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー