男女で微妙に異なる結果…朝食を食べる度合いと体力テストの平均点との関係をグラフ化してみる

2010/10/14 06:50

朝食文部科学省は2010年10月10日、平成21年度体力・運動能力調査の結果を発表した。それによると「日常的な運動をしている人はそうでない人に比べ、体力の減少率が低い」、言い換えれば「日常的な運動をしている人は体力の面で若さを維持しやすい」という統計データが出たことは【日常的な運動は10歳単位で体力差を生みだす…運動頻度と体力テストの平均点との関係をグラフ化してみる】で示した通り。今回は発表された統計データで「概要」で解説がなされかった項目の中から、「朝食の摂取状況と体力テストの合計平均点との関係」についてグラフ化してみることにした。

スポンサードリンク


今データは「平成21年度体力・運動能力調査」のうち、具体的データを収録した総合窓口【e-Stat】から取得したデータを解析したもの。具体的には「9.朝食の摂取状況別体格測定・テストの結果」から該当年齢区分のデータにおいて、体力テストの「合計点」における平均値部分を抽出していく。なお、得点基準は男女毎、6-11歳・12-19歳・20-64歳・65-79歳によって異なるため、今回は20-64歳の男女についてグラフ化している。

日頃の朝食摂取頻度について「毎日食べる」「時々食べない」「毎日食べない」の三区分に分類した上で、それぞれの属性における体力テストの合計平均値の推移を集計、グラフ化したのが次の図。男女間で基準が異なるから男女の数字上の比較はできないが、男女でやや異なる傾向が見られるのが確認できる。

↑ 年齢段階別、朝食の摂取状況と体力テスト合計平均点の相対的比較(男子)
↑ 年齢段階別、朝食の摂取状況と体力テスト合計平均点の相対的比較(男子)

↑ 年齢段階別、朝食の摂取状況と体力テスト合計平均点の相対的比較(女子)
↑ 年齢段階別、朝食の摂取状況と体力テスト合計平均点の相対的比較(女子)

男性の場合、一部の年齢階層で「時々食べない」「毎日食べない」がほぼ同数の部分もあるものの、「毎日食べる>時々食べない>毎日食べない」がほぼ成立していることが分かる。今件は相関関係を示したもので、因果関係までは説明できないものの、「朝食を毎日しっかり取っている人の方が、体力的には若い」ことが分かる。特に30-54歳にかけては、「毎日食べる」人とそうでない人との間のかい離が大きくなっているのが分かる。

朝食一方女性の場合、一概に「朝食を食べる頻度が高い方が体力テストの結果が良い」とは言い切れない状態にある。「毎日食べる」人が各年齢階層で一番高い得点をしている点は男性と同じものの、「時々食べない」と「毎日食べない」との間には25-44歳の部分で逆転現象が起きている。また、45-49歳では「毎日食べる」と「時々食べない」が同一の結果も出ている。

女性の場合はダイエットの一環と称し、朝食を抜いている人も多いと聞く。”中途半端に朝食を抜いて不規則な食事をする”のなら、いっそのこと朝食を全部抜いた方が、中堅女性には体力的に多少ながらも良い結果となりうる。その可能性を、今回の結果は指し示している。

もちろん【時間が無い・習慣が無い 朝食を取らない理由】など朝食関連の多数の調査結果を見ても、そして今データの上でも、「朝食は毎日欠かさず採った方が良い」ことに違いは無いのだけれども。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー