キレイになり過ぎて鏡以上のものが見えてくる洗剤の広告

2010/10/14 06:48

一輪の花をプレゼント洋間や台所のフローリングの床板などを懇切ていねいに磨き上げると、まるで鏡のように見えてくることがある。そしてその上に立つと、床部分を接点にして、自分の足元にもう一人の自分がいるかのような状況が展開される。無邪気な子供がそのような場面を見たら、自分とウリ二つの人間が足元にいる情景に、面白ユカイなひと時を楽しむことだろう。今回紹介するのはそのような状況をひとひねりして創られた、幻想的な状況と微笑ましさを覚えると共に、商品への印象を胸に刻み込ませてくれる広告である(I Believe in Advvertising)。

スポンサードリンク


↑ AJAXで磨いた床に映る自分の姿を見て喜ぶ女の子。紙製の王冠をかぶっているのだが……?
↑ AJAXで磨いた床に映る自分の姿を見て喜ぶ女の子。紙製の王冠をかぶっているのだが……?

女の子の心の中に描かれる想像の姿がこれは世界規模で展開する生活用品のメーカー【コルゲート社】(歯ブラシ市場で特に有名)が、フランスで同社の洗剤のブランドAJAXをセールスする際に使った広告。中央に描かれているのは、AJAXでツルツルに磨かれた床を鏡のように見立て、自分の姿を眺めている女の子。頭には自分で作ったのだろうか(周囲にその切れ端が確認できる)、紙製の冠がかぶせられている。さしずめ床に映った自分の姿にうっとりしつつ、女王様気分を楽しむひと時のようなシーン。

しかしよく見ると、床に映ったその姿には女の子謹製の紙製ではなく、本物の王冠がかぶせられているのが分かる。そしてポスターの右端に配されているAJAXの洗剤の下にあるコピーに目を通すと、「人生の素晴らしい一面を貴方に見せてくれますよ(See the brighter side of life.)」との言い回し。彼女の純で夢見る眼には、この紙製の王冠が宝石を散りばめた本物の王冠に見えているのですよ、ということを表しているのが分かる。転じて「AJAXの洗剤は、そこまできれいに床を磨くことができるのです」という事をアピールしているのが分かる。

もちろんこれは「単にそのままの姿が映る普通の洗剤以上の輝きを、あなたの家の床にもたらしてくれますよ」という比喩的表現。実際に同じような状況を試して「王冠なんて映らないじゃないか」とクレームをつけるのはヤボな話。それにしても、例えば大人が同じようなことをして「裏で何か悪い事を考えている」ような場面を描くのでは無く、子供の純粋な夢を描写するあたり、微笑ましささえ覚えるものがある。

元記事では他にも3つのAJAXブランドの広告事例を紹介している。いずれも床に、それぞれの人々の心の中身を描いた、ハートフルな情景ばかり。一つだけ、上の王冠同様に当方が特に気にいったものを紹介しよう。

↑ 母の日か誕生日にか、子供が一輪の花を母親にプレゼント。床を見ると……
↑ 母の日か誕生日にか、子供が一輪の花を母親にプレゼント。床を見ると……

お互いの気持ち的にはもちきれないほどの花束台所にまで何枚かの子供の絵が貼られている、家族仲が円満そうな一家のワンシーン。誕生日か何かのお祝い事で、子供がお母さんに一輪の花をプレゼントしている。子供のお小遣いではこれが精いっぱいだったのだろう。それでも花の数など気にせずに、子供の気持ちがとてもうれしくて、笑みを浮かべる母親。母親にとっては一輪の花でも、床に映っているように大きな花束に等しい喜びを受け取ることができたわけだ。

今回の広告は、一見するとごく普通の、何気ない日常生活のシーンを映しているに過ぎないもの。しかし、よく見ると「なるほど」と思わせ、そしてじわじわと心に響いてくる。告知したいAJAXそのものの高性能ぶりというにはオーバー過ぎる表現だが、「それほどまでに、まるで魔法のように」という印象は深く残ることになる。言葉は分からなくても、情景描写で伝える側が何を訴えたいのかが分かる、そして優しい気持ちになれる、そんな今回のような広告達に出会いたいものだ。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー