【更新】武富士の会社更生手続き開始の申し立てに衝撃走る…海外投資家、二週ぶりの買い超し(2010/10/07)

2010/10/07 19:30

東京証券取引所は2010年10月7日、2010年9月27日から10月1日(9月第5週)における株券の投資部門別売買状況を発表した。それによるとこの週に外国人投資家が株を売った総額は3兆4546億6320万7000円なのに対し、買い総額は3兆5005億5210万2000円となり、差し引き458億8889万5000円の買い超しとなった。これは先週から転じて二週ぶりの買い超しとなる。なお法人は売り超しを継続し、個人は売り超し、証券会社も売り超しに転じている([最新発表リリース、PDF])。

スポンサードリンク


9月27日から10月1日における各部門別の売買動向は次の通り。

・法人……4862億3989万8000円/4850億4242万6000円(473億3517万3000円売超)
・個人……9495億7122万8000円/9022億3605万5000円(473億3517万3000円売超)
・外国人……3兆4546億6320万7000円/3兆5005億5210万2000円(458億8889万5000円買超)
・証券会社……965億1048万2000円/957億4745万4000円(7億6302万8000円売超)

(それぞれ売り/買い(差し引き))

また、この5週間における外国人投資家の動向は次の通り。

8月30日-9月3日……606億1170万3000円買超
9月6日-10日……398億9335万8000円売超
9月13日-17日……1355億7516万7000円買超
9月21日-24日……736億5535万5000円売超
9月27日-10月1日……458億8889万5000円買超

今回計測週は出来高にさほど変化は無く、日経平均株価も小幅な値動きに終始している。ただし今回計測週には合わせて2社(1社は最終日の場が引けてから)が倒産しており、特に9月28日の武富士の会社更生手続き開始の申し立てには、少なからぬ衝撃が市場に走ったことは否めない。

次回週は為替が再び円高ドル安に向かう中、日経平均株価は狭いレンジ圏内で行き来する日々が続いている。出来高が多少戻ってきたのは嬉しい限りだが、株価上昇がそれに伴わないのでは喜びも半減。もっとも上がる要素が何も無いので上がったのでは、それはそれで気持ちの悪いところがある。好材料が続々現れ、それに伴い株価が堅調に推移する状況を期待したいものだが。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー