【更新】農業などに興味がある学生、影響を受けたのは「テレビ番組」「実際の体験」そして「親」

2010/09/14 05:29

農業パルシステムは2010年9月13日、農業・畜産業・漁業に興味がある学生の意識調査結果を発表した。それによると調査母体においては、各種職業への興味に影響を受けたもののトップには「テレビ番組」がついた。次いで「実際の体験」「親」の順となっている。また、具体的なテレビ番組としては「ザ!鉄腕!DASH!」を挙げる人が最も多く、テレビ番組と回答した人の中で1割強、調査母体全体で5%強もの割合を示している([発表リリース])。

スポンサードリンク


今調査は2010年8月24日から27日にかけて農業・畜産業・漁業やその周辺産業(いわゆる第一次産業)に関わる仕事や職業に興味がある学生12-22歳に対して携帯電話によるインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1000人。男女比・年齢階層比は非公開、興味がある業種別では農業700人・畜産業100人・漁業200人。

調査母体に対し農業・畜産業・漁業に興味を持つにあたり、影響を受けたものを複数回答形式で尋ねたところ、もっとも多くの人が答えたのは「テレビ番組」だった。過半数の51.6%が同意を示している。

↑ 農業/畜産業/漁業に興味を持つにあたり、影響を受けたもの(複数回答)
↑ 農業/畜産業/漁業に興味を持つにあたり、影響を受けたもの(複数回答)

次いで「実際の体験」が35.0%、「親」が27.5%、「学校の授業」が25.5%など、教育過程がそれなりに大きな影響を及ぼしていることが分かる。また、トップの「テレビ番組」以外では「アニメ・漫画」「ゲーム」など若年層が好む趣味趣向も少なからぬ影響を与えている。

そこで「若年層が好むエンターテインメント系媒体」ということで、「テレビ番組」「アニメ・漫画」「ゲーム」の3項目につき、具体的な対象名を自由回答形式で聞いたところ、それぞれの項目トップには「ザ!鉄腕!DASH!」「もやしもん」「牧場物語シリーズ」が名前を連ねる結果となった。

↑ 影響を受けた各媒体・対象の具体的な名前(自由回答形式)
↑ 影響を受けた各媒体・対象の具体的な名前(自由回答形式)

調査母体全体に占める割合はいずれも5%前後だが、それぞれの対象媒体・人物内に占める比率としては「牧場物語」シリーズがもっとも多い。「ゲームに影響を受けた」とする人の半数以上が「牧場物語」シリーズを具体的に挙げており、同作品がゲームジャンルにおいては、第一次産業の啓蒙に大きな力を持っていることになる。同様に「もやしもん」は4割近い数字を出しており、アニメ・漫画方面における影響力が強いことを意味する。

【新メディアをうまく使って指揮者を大量創生した話】で、各種新メディアやゲームを使って若年層の指揮者候補を創生した話を紹介したが、今回の調査結果からも「若年層に興味を引かせるには、若年層が好む、日ごろ接している媒体を積極的に使うのも手法の一つ」であることが改めて認識できよう。


■関連記事:
【できることからやってみよう……期限切れ間近の食品を買い、財布も心も豊かに】
【今の日本の農業に関心ある? 全体7割・農家は9割5分が「あるヨ」】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー