果実入り飲料大変動、トップは「なっちゃん」ではなく…

2010/09/10 19:30

ミニッツメイドマイボイスコムは2010年8月25日、果実入り飲料に関する調査結果を発表した。それによると調査母体のうち市販の果実入り飲料を飲んでいる人においては、「飲んだことがある」「もっともよく飲んでいる」果実入り飲料共に「ミニッツメイド」が最上位についた。前回調査(【果汁入りの飲料、ポンジュースやQooを差し置いてトップについたのは……】)のトップ「なっちゃん」や第二位の「バヤリース」などを差し置いてのトップとなっている(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年8月1日から5日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1万3609人。男女比は49対51で、年齢階層比は10代1%・20代12%・30代32%・40代32%・50歳以上23%。

今調査では果汁入り飲料について、果物を原材料とし、野菜入りのものは含めず(野菜と果物が両方入っているものがある)、炭酸飲料やゼリー状の飲料も対象から外している。その上で、頻度の違いは別として果汁入り飲料を飲む人の割合は82.7%という結果が出ている。

それではその82.7%の人たちの中で、「飲まれた経験がある」「飲まれているものの中で、もっともよく飲まれている」果実入り飲料はどの種類だろうか。前回は「おそらく最初に頭にイメージされたものが正解だろう」と表現した通り、サントリーの「なっちゃん」がトップについていた。しかし今回は、前回8位に位置していたミニッツメイド(日本コカコーラ、明治乳業)がトップとなった。

↑ この1年で飲んだことがある果汁飲料/その中でもっともよく飲んでいるもの(上位10位まで抜粋)
↑ この1年で飲んだことがある果汁飲料/その中でもっともよく飲んでいるもの(上位10位まで抜粋)

類似の調査で、わずか1年でここまで劇的に変化が生じるのも珍しい。そこで前回調査と比較してみたところ、

・前回(2009年8月)……「今までに」飲んだことのある果汁入り飲料
・今回(2010年8月)……「この1年で」    〃

と、微妙な違いが確認できた。そして「ニミッツメイド」は前回とほぼ同じ数字(前回は「飲んだことがある」は43.8%)なのに対し、「なっちゃん」「バヤリース」「Qoo」など前回の上位陣は軒並み数字を数十ポイントの単位で落としている。

↑ 飲んだことのある果汁入り飲料はどれですか(野菜入り・炭酸・ゼリー状以外の果汁入り飲料を飲む人限定)(2009年8月、再録)
↑ 飲んだことのある果汁入り飲料はどれですか(野菜入り・炭酸・ゼリー状以外の果汁入り飲料を飲む人限定)(2009年8月、再録)

ミニッツメイドこれらのことから、「ニミッツメイドが大いに勢力を拡大した」というよりは、「なっちゃん」「バヤリース」「POMジュース」「Qoo」など昨年の上位層が、この1年で軒並み飲まれる量が減ったものと推定される。一方、「ニミッツメイド」はしっかりと土台を持ち、さほど変化は生じなかったため、順位が繰り上がったとみるべきだ。

前回では「果実入り飲料をまったく飲まない」とした人は全体の7.6%、今回は17.3%に達しており、単純計算でも10ポイント近く「飲まない人」が増えたことになる。種類の多様化によるブランドの分散化以外に、(特に上位層ブランドにおける)果実入り飲料そのものの人気が落ち着いてきたのが、今回の順位大変動の原因と考えられよう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー