若年女性のツイッター利用度は2割強、10代後半なら16.3%が「毎日」

2010/08/28 12:00

ツイッター(Twitter)medibaは2010年8月26日、若年女性の興味・関心に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、チャットのようなミニブログ【ツイッター(Twitter)】を利用している人は23.3%に達していることが分かった。もっとも週1回以上利用している人に限定すると13.0%でしかない。また、若い人ほど利用する傾向が強く、18-19歳なら16.3%が「1日1回以上利用している」と回答した(【発表リリース、PDF】)。

スポンサードリンク


今調査は2010年7月21日から23日にかけて、携帯電話によるインターネット経由で18-34歳の女性に対して行われたもので、有効回答数は3358人。年齢階層比は10代234人・20代前半951人・20代後半1115人・30代前半1058人。

ツイッターの利用性向については多種多彩なデータが出ている。少し前までは中堅層が中心と言われていたが、最近では【ツイッターの現在利用率8.2%、若年層ほど高い割合】にもあるように若年層ほど高い傾向を見せるようになった。携帯電話経由による利用普及や、「有名人のおっかけ」的な利用が影響しているものと推定される。

今回の調査母体における結果としては、やはり若年層ほど利用比率が高い結果となった。最若年層の18-19歳と最高齢層の30-34歳との間には2倍近い差異が確認できる。

↑ ツイッターを利用しているか
↑ ツイッターを利用しているか

10代後半では約3人に1人、30代前半でも2割近くという値は、女性・携帯電話利用者に限定した母体という前提があるにせよ、それなりの普及率に見える。

元記事では「利用者における利用頻度」が掲載されているが、せっかくなので「各年齢層全体における利用者頻度区分による割合」を算出してみることにした。全体でどれくらいの人がヘビーツイッター使いかが確認できるからだ。

↑ ツイッター利用の有無と頻度
↑ ツイッター利用の有無と頻度

元々利用者が多いこともあるが、それ以上に若年層ほど「濃い」利用者の割合も多く、10代では16.3%が毎日アクセスをこなしている。30代前半の4.1%と比べればほぼ4倍もの割合だ。少なくとも今回の調査範囲においては、「女性なら若年層ほどツイッターの利用者割合は大きく、しかもヘビーな使い手である人も多い」と見てよいだろう。



やや余談だが、日本国内の最大規模を誇るソーシャルメディアmixiにも、ツイッターと似たような機能「mixiボイス」が存在する。mixi内部でも「つぶやきコミュニケーション”mixiボイス”」と表現するあたり、ツイッターを強力に意識しており、機能的にも似たような面も多い(一方で「イイネ!」機能など違う面も多々見受けられる)。この「mixiボイス」の利用有無・頻度を聞いたところ、ツイッターより高い値が確認できた。

↑ ツイッター・mixiボイスを利用しているか
↑ ツイッター・mixiボイスを利用しているか

グラフ生成は略するが、「頻度」においても「mixiボイス」はツイッター以上。元々なじみ深いソーシャルメディアであるmixiの付随機能ということもあり、利用ハードルも低く、ツイッター以上の面白さ・便宜さを感じているのかもしれない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー