アレをいつでも自在に飛ばせる名刺

2010/08/25 07:20

今回の名刺はNorburn Model Aircraft Supply以前【「自慢の商品」を相手に実践してもらえる名刺】で「贈り手・受け手が自ら工作をして新たな驚き・喜びを手元に収める」タイプの名刺を紹介した。類似の名刺は探せば他にもいくつか見つけることができるが、今回は逆に「このような仕組みを持つカラクリ名刺を創りましたが、貴方のビジネスにご利用してみてはいかが?」という、制作サイドからの提案による名刺を紹介する。記事題名通り、奇抜で印象深いのには違いないが、「どんな職種ならこの名刺をうまく使えるのかな」と考えると……。

スポンサードリンク



↑ Penny Shooter Business Card。
↑ Penny Shooter Business Card。

カード名は「Penny Shooter Business Card」。直訳すると「1セント硬貨を飛ばせるビジネス名刺」。動画を見れば分かるのだが、名刺内部の切り込みを持ちあげると1セント硬貨をホールド可能な「弾倉」が出来る。そしてそこに硬貨を詰め込んで、名刺の片方の取っ手を引っ張って手を離すと、ゴムの反動で反対側から硬貨が一枚、弾として飛び出す仕組み。

【製作メーカーのサイトはこちら】で、普通の名刺同様に片面・両面印刷、各種文字列の指定などを行い、印刷を依頼することができる。価格は1枚5ドルからで、50枚以上まとめて発注すると1枚の単価は4ドルにまで下がる。

子供のおもちゃのような発想で、単体としてはそれなりに面白く、インパクトもある名刺に違いないのだが、果たして「硬貨を飛ばす携帯おもちゃ」と連動させることができる職種になにがあるのかが問題。今サイトで紹介した多種多様な「面白おかしい名刺」たちは、いずれも職種に何らかの関連性・連動性を持つものだった。だからこそ受け手に大きな喜び・驚きを与え、印象を心に刻み込み、名刺としての付加価値を高めている。単に「面白いですね」だけでは効果が薄く、ウケ狙いでしかない。

「硬貨を飛ばすゴム鉄砲」と結び付く職種を考えると……少々実用としては難しいかもしれない(せいぜいおもちゃ関係の会社くらいか。あるいは「銭形平次」あたりの映画プロモーションで使えるかも?)。

ちなみにこの会社、似たようなコンセプトで「カタパルト」(投石機)の名刺も考案、発売している。


↑ Cardapult V2 Another Business Card Catapult 。

価格は同じく1枚5ドルから。おもちゃ度・造型度ではこちらの方が上だが、利用シーンを考えるとますます実用性は首をかしげてしまう。投石機を連想させるお仕事というと……何があるのだろうか。やはり映画やゲーム周りの、ごく限られた場面でしか思いつかないのだが。あるいは軍などの「砲兵大隊」あたりの指揮官が、茶目っけを出して創る名刺には良いかもしれない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー