疲れ目は頭痛の原因かも

2010/08/27 19:30

頭痛パソコンの利用頻度の高まり、携帯電話やスマートフォンの登場と普及、テレビの大型化など、昔と比べて目が疲労する機会は確実に増加している。そしてそれらの利用に伴い、頭痛が生じることもある。一方で目の疲れだけではなく、姿勢や心身全体のストレスなども、頭痛の「タネ」となりうる。【全米頭痛財団(The National Headache Foundation)】【HealthDay】を介し、目の疲労(「眼精疲労」と呼ぶ)が頭痛の原因か否か、もしそうだとしたらどうすれば頭痛を抑えることが出来るのかについてアドバイスを提じている。

スポンサードリンク


・専門医に目の検査をしてもらい、視力の問題に対処する(視力が落ちているかもしれない)

・パソコンに反射避けスクリーンを使うか、色つきの眼鏡を着用する。

・パソコンの作業をする時、テレビを視聴する時には正しい姿勢で座ること。

・パソコン利用時にはこまめな休息時間をとること。その時には数分デスクから離れ、首や腕、背中のストレッチ運動をする。

・休息時間の際には、目を閉じて深呼吸をすること。

頭痛「眼精疲労」は半ば【頸肩腕(けいけんわん)症候群を確認する10のチェックリスト】【あなたの親指、大丈夫? 「反復運動過多損傷(RSI)」が気になる人に】などと合わせ、パソコン・携帯電話などのデジタル機器の多用と共にクローズアップされている問題。言い換えれば「現代病」「IT病」ともいえる。これらの疲労についても、例えば【All About】などのように、専門サイトで詳しく症状や解消法などが語られている。「どうも目が疲れるし頭痛もするのだけど……」という悩みを持ち、最近パソコンや携帯電話などデジタル機器周りで変化を生じていたら、今件のような「眼精疲労による頭痛」を疑い、自分なりに対処法を模索してみてはいかがだろうか。

なお一番目の「専門医に目の検査をしてもらい-」の件だが、視力の低下・回復で現在かけている眼鏡の度が合わなくなり、それが眼精疲労、そして頭痛のトリガーとなっている可能性がある。「眼鏡は顔の一部」とはよく言ったものだが、眼鏡を使っている人は視力の変化も疑ってみるべきだ。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー