米ソーシャルゲーマーのプレイ時間などをグラフ化してみる

2010/08/24 04:41

ソーシャル【米などのソーシャルゲームのプレイヤー年齢構成比をグラフ化してみる】に続き、ソーシャルゲームのプレイヤーに関する実態を調べた、調査会社ISGによるレポート【2010 Social Gaming Research(PDF)】からのデータを元にした内容チェック第二弾。今回は、アメリカのソーシャルゲームプレイヤーの時間配分などをまとめて紹介することにしよう。

スポンサードリンク


今調査は2010年1月7日から12日にかけてインターネット経由で18歳以上を対象に行われたもので、有効回答数はアメリカが800人、イギリスが402人。そのうち最低でも1週間に15分以上ソーシャルゲームをプレイした人1200人(男性535人・女性665人)を統計対象にしている。なお今回はイギリスのプレイヤーに関するデータは省き、アメリカのみを対象にグラフを生成している。

まずはソーシャルゲームのプレイ頻度。

↑ どれくらいの頻度でソーシャルゲームを遊んでいますか
↑ どれくらいの頻度でソーシャルゲームを遊んでいますか

1日1回以上プレイしている人が2/3以上。それこそ「毎日プレイ、ソーシャルゲーム」な世界にどはまりなわけだ(なお回答母体は1週間に最低でも15分以上遊んでいる人であることに注意)。

三分の二は毎日プレイ状態なソーシャルゲーム。一方でソーシャルゲームは、1回あたりのプレー時間がさほど長くはないものも多い。それでは「1週間に何時間何分くらいソーシャルゲームで遊んでいる」のだろうか。また、「ソーシャルゲーム1回あたりのプレイ時間はどれくらい」だろうか。

↑ 一週間に何時間何分くらいソーシャルゲームで遊んでいますか
↑ 一週間に何時間何分くらいソーシャルゲームで遊んでいますか

↑ ソーシャルゲームで1プレイあたりのプレイ時間は?
↑ ソーシャルゲームで1プレイあたりのプレイ時間は?

1週間のプレイ時間は大体1-5時間程度が4割、1日あたり長くて1時間足らず・短いと10分くらい、といったところだろうか。「案外長くないか?」という疑問が沸いてくるが、ソーシャルゲーム単体の1プレイあたりのプレイ時間が30分までで4割、1時間までで2/3に達しており、非常に概算的な話になるが「毎日1-2プレイ、1プレイあたり10-30分前後でゲームを楽しむ」スタイルがスタンダードに近いことが分かる。

最後にプレイ時間が今後増えるか否かについて。この三か月間のプレイ時間動向を見ると、増える人の方がかなり多い結果となっている。

↑ この三か月間、ソーシャルゲームで遊ぶ時間は変わった?
↑ この三か月間、ソーシャルゲームで遊ぶ時間は変わった?

元々のめり込む、というよりはそれなりに深入りせずに楽しんで、あとはソーシャルメディア的なつながりを堪能する、つまりシンプル&ソーシャルなゲームがソーシャルゲームの根本的な姿だった。そのスタイルならばハードルは低いし、多くの人がすぐにプレイできるし、プレイ時間も短くて済む(ほとんどの人はゲームに没頭し続けるほど時間に余裕はない)。しかしながら少なくともソーシャルゲームをプレイする調査母体層においては、今後もプレイ時間は増加しそうではある。

日本のソーシャルゲームに今回の結果がすべて当てはまるとは限らない。しかし例えば「1プレイあたりの時間」で30分未満が4割を占めていることや、多くの人は遊んでもせいぜい1日に1時間前後くらいでしかないことあたりは、少なからず参考になるだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー