【更新】緑茶おにぎり コーヒーはパン…コンビニ好相性な組合せ

2010/08/09 19:30

コンビニコーヒークロス・マーケティングは2010年8月2日、「平日のコンビニエンスストアでの商品選択に関する実態調査」を発表した。それによると調査母体においては、コンビニでコーヒーを買う際に一緒にもっとも多く買われるのは「パン・サンドイッチ」、緑茶は「おにぎり」だった。特に緑茶は食事系の商品との相性が良く、お弁当やパンなどとも高い併買率を見せている([発表リリース])。

スポンサードリンク


今調査は2010年7月14日から16日にかけて、首都圏・近畿圏の15-59歳の男女に対しインターネット経由で行われたもので、有効回答数は2000人。男女比は1対1、年齢階層比は20代・30代・40代・50代(すべて勤め人)が各400人、高校生と大学生/専門学校生が各200人。

コンビニの飲料水の中でも、よく買われるアイテムとして商品種類も多い「コーヒー」や「緑茶」。それらについて、単独では無く合わせて他の商品を買い求める際、ペアとなる組合せにはどのようなものがあるだろうか。言い換えれば、どんな商品と相性が良いのか。

まずは緑茶だが、やはりご飯系の食品との組合せで購入する人が多い。「おにぎり」「お弁当」の回答者が多数に及んでいる。

↑ 緑茶の併買商品
↑ 緑茶の併買商品

お弁当が男性、おにぎりやパン、麺類、そして副菜は女性の方が多い。これは別項目で「デザートとの組み合わせで購入する商品」ともほぼ一致しており、予算上の関係や総カロリーの上で、そして食べきれる量の問題から、あえてお弁当を選ばずに量の調整がつきやすいおにぎりなどを選んでいるものと推測される。

一方、同じ主力級飲料のコーヒーでは、緑茶とかなり違った傾向が見られる。

↑ コーヒーの併買商品
↑ コーヒーの併買商品

サンドイッチまず何よりも「パン・サンドイッチ」が抜きん出ていることが目に留まる。そしてコーヒーとご飯ものの相性は、あまり良くは無い。緑茶が「おにぎり」「お弁当」「パン・サンドイッチ」の3項目で3割超えをしていたのに対し、コーヒーでは「パン・サンドイッチ」のみとなっているのも、コーヒーの主食系食品との組み合わせの難しさを示している。

興味深いのは「たばこ」が上位についていること。特に男性の場合、コーヒーを購入した人のほぼ4人に1人が「たばこ」も一緒に買うと回答している(「お弁当」より多い)。【コンビニでたばこの売り上げが急増している件について】でも触れているが、件の「タスポカード特需」の際に、コーヒーの入荷数を増やしたコンビニもあるほど。「単なる水と比べて少々嗜好品色が強い」コーヒーは、たばことの相性はかなり良いようだ。

コンビニで緑茶やコーヒーを手に取った時、一緒に買おうとしているものは何だろうか。それぞれの商品の相性以外に、コンビニの商品陳列方法なども合わせ、今度コンビニに足を運んだ際に今件の話を思い返してみると、色々と楽しめるに違いない。


■関連記事:
【「コンビニでたばこを買う時、ついでに何を買う!?」をグラフ化してみる(最終結果)】

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー