トイザらス「Я yen zone」(アールエンゾーン)」体験レポート

2010/08/02 19:30

「Я yen zone」(アールエンゾーン)」先日【トイザらスで100・300・500円均一コーナー登場】で紹介した、トイザらスの新コーナー「100円・300円・500円均一コーナー」こと「Я yen zone」(アールエンゾーン)。当方(不破)の自宅から自転車で行ける距離にあるトイザらスにも設置されたので、今回はそこに足を運び、色々と見て回った感想を簡単にまとめることにする。

スポンサードリンク


↑ 「Я yen zone」(アールエンゾーン)
↑ 「Я yen zone」(アールエンゾーン)

コーナーの外観はこのような感じ。価格が書かれたおもちゃ箱が無数に並べられて、その中に袋詰めされたおもちゃ達が「山のように」積まれている雰囲気。トイザらス全体が「巨大なおもちゃ箱」の雰囲気を持っているところから、特に違和感は無い。むしろ海外で良く見かける露天商の野菜売り場みたいな、と表現した方が適切か。

↑ 雑多に山積みされるおもちゃ達
↑ 雑多に山積みされるおもちゃ達

各価格帯の箱の中には「雑多に」おもちゃが山積みされている。一応同じ種類のものは同じ箱に収められているが、統一感がほとんどない。お客はすべての収納箱をくまなくかき分け、まるで宝箱探しのような気分でおもちゃを探すことになる。

おもちゃの種類は多種多様。ざっと見た限りでは国産のものが半分程度、もう半分は主にアメリカ産のおもちゃ(でも生産国はMade in China....)。とはいえ後者は各パッケージの裏にトイザらスの簡易説明書が貼ってあったり、パッケージそのものが差し替えられているので、「英語だから読めない」という心配は無い。

ただ、100円コーナーのはともかく、300円・500円のものは多少割高感を覚えざるを得ない。当方のおもちゃに対するセンスが無いからなのだろうが、300円・500円のコーナーはそれぞれ100円・300円くらいでないとちょっと手が出せないかな、という雰囲気。恐らくは当方が、100均で印象の似通ったおもちゃを見なれているのが原因。

↑ 造形は悪くないし、どこにでも貼りつけられるとなると結構素敵な一品なのだが、これが500円となると手が届きにくい。
↑ 造形は悪くないし、どこにでも貼りつけられるとなると結構素敵な一品なのだが、これが500円となると手が届きにくい。

日本のトイザらスでこのタイプのおもちゃの品ぞろえ(の仕方)は、これまで経験が無かったのかもしれない。だとすれば、中身のアンバランスさも仕方がない(実際、足を運んだ時も遠くから取り巻く子供は何人もいたが、手にとって確かめる姿はほとんど見られなかった)。しかしまったくダメというものではなく、当方が探した限りでは、100円のコーナーにはそれなりに「これはなかなか」「100円なら買ってもいいかナ」と思えるものを見つけられた。それだけに、色々と可能性を秘めているのは間違いない。今後トイザらス側の商品選択スキルが向上し、この「Я yen zone」(アールエンゾーン)がますます魅力的なコーナーになることを祈りたい。

ちなみにせっかくだからと、100円の「水をつけると膨らむ恐竜のおもちゃ:Magic Grow」と300円の「謎な音を奏でるサウンドメーカー:Noise Maker」を購入。試した結果がこちら。

↑ 購入した「水をつけると膨らむ恐竜のおもちゃ:Magic Grow」と「謎な音を奏でるサウンドメーカー:Noise Maker」
↑ 購入した「水をつけると膨らむ恐竜のおもちゃ:Magic Grow」と「謎な音を奏でるサウンドメーカー:Noise Maker」


実際に試した結果を撮影したもの。。

「水をつけると膨らむ恐竜のおもちゃ:Magic Grow」はノリ製のカプセルに恐竜のスポンジが詰まっていて、お湯につけるとカプセルが溶け、中の恐竜が飛び出してくるというもの。スポンジの大きさは5センチ程度。「謎な音を奏でるサウンドメーカー:Noise Maker」は日本語の説明に「おもしろサウンドメーカー」とあるが、音の傾向と外形から推測するに、電子ブーブークッションの気がしてならない。両方とも価格と比べると……微妙な感じだ(笑)。

近所にトイザらスがある人は、宝物探し気分でチェックを入れてみよう。何か不思議な、面白ユカイなおもちゃを見つけられるかもしれない。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー