ツイッターに「この人をおススメ」機能実装へ

2010/08/01 06:47

ツイッターチャットのようなミニブログこと【ツイッター(Twitter)】では、【ツイッターの「公式」データを書き起こしてみる】などにもあるように、現在1億人以上の会員がいる。知り合いでも有名人でも、そして架空の人でもどのような人でもフォロー(発言を自分の最新情報上に表示させる)してツイート(発言内容)を追いかけて良いが、中には「誰をフォローしようか」と迷う人も少なからず出てくる。初心者は特にそうだ。そのような人たちに向けて、ツイッターの運営側が2010年7月31日から試験導入を始めた機能が、フォローするのにおススメな人を紹介する「あなたへのおすすめ」である(【公式ページ】)。

スポンサードリンク


↑ あなたへのおすすめ(公式ページより)
↑ あなたへのおすすめ(公式ページより)

メニュー上の「友だちを検索」を選ぶと、普通は「Twitterで検索」「おすすめユーザー」「友だちを探す」「メールで招待」の4つを選ぶことができる。しかし今後は「あなたへのおすすめ」も加わるようになる。この「あなたへのおすすめ」には「利用者が現時点でフォローしているアカウント」「利用者がフォローしているアカウントたちがフォローしているアカウント」など、複数の条件を元に算出された「おススメ」なアカウントが表示される。

お気に入りのアカウントがあればフォローすればOK。「この人キライ」「どうも相性に合わない」「英語だから分からないネ」というものが表示された場合は「×非表示」を選択すれば「あなたへのおすすめ」へは二度と表示されなくなる。

この「あなたへのおすすめ」は、他のアカウントのプロフィールを閲覧している時にも表示される。表示ロジックは同様で、特定アカウントを観ている=何らかの興味を抱いているなら、そのアカウントに関連する他のアカウントにも興味があるかもしれない、という推測に基づくもの。

フォローしていく「あなたへのおすすめ」で選ばれるアカウントの選択方法は詳しく説明されていない。精々「フォローしている人」「フォローしている人がフォローしている人」がデータとして使われいると公開されている程度。恐らくは【「代わりにこんな商品を買ってますよ!」・本家アマゾンで「おすすめ紹介」に新機能】でアマゾンが行っている行動分析同様、多種多様なパターンをパラメータ化し、それを公式にしてして最適化を図っているのだろう。

現時点では試験運用のために一部のユーザーにしか「あなたへのおすすめ」は表示されていないが、じきに全員がこの機能を利用できるようになる。初心者は素直に「おすすめ」に従ってフォロワーを増やせばツイッター自身になじめるようになるだろうし、中級者以上は「おすすめ」一覧を見て自分自身の利用性向を再確認し、ニヤニヤしたり「なるほど」と相づちを打つのも悪くは無い。

中には「自分の行動を見透かされているようで、ちょっとイヤだな」と思う人もいる。しかし肩を張らずに許容した上で、むしろそれを楽しむような気持ちになれば、もっと色々な発見ができ、面白い事に遭遇できるに違いない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー